あなたの街の歯医者さん

あなたの街の歯医者さんを紹介します。地域の方々の書き込みや口コミをもとに歯医者さんの情報を掲載。あなたの知りたい情報がつかめるサイトです。

おすすめ歯医者情報

むし歯になりやすい食べものとは?

投稿日:

砂糖がふくまれたお菓子やジュースは歯によくありません

むし歯の原因菌であるミュータンス菌は口の中にひそんでおり、糖質をえさにして活動する性質をもっています。ミュータンス菌が主なエネルギー源としているのは歯に付着する食べかすです。特にご飯や麺類、パンやイモ類、そして砂糖がふくまれたお菓子や砂糖たっぷりの炭酸飲料やジュースなどの清涼飲料水はミュータンス菌の大好物のえさのひとつです。
ミュータンス菌は糖質をエネルギー源にするため、糖質のかたまりである砂糖がたくさん入っているお菓子や砂糖をたっぷりふくんだ炭酸飲料やジュースなどの清涼飲料水はミュータンス菌を活発化させるきっかけになってしまいます。「甘いものを食べるとむし歯になる」という言葉はこのことが理由になっているのです。

どろどろ、ベタベタと歯につきやすいものもダメ

砂糖がふくまれたお菓子や砂糖たっぷりの炭酸飲料、ジュースなどの清涼飲料水はむし歯をひきおこしやすくなります。また、砂糖がふくまれた飴やガムは口の中にとどまっている時間が長いため、口の中が酸性にかたむきやすく、特にむし歯になりやすい食べものと言えます。
砂糖がふくまれたものとしてはプリンやゼリーなどのどろどろした固形物のほか、粘り気のあるジャム、キャラメルなどもベタベタとしていて歯の表面にくっつきやすく、むし歯になりやすい食べもののです。これらの食べものは特にむし歯になりやすいため、食べたり飲んだあとは必ず歯を磨くようにしましょう。

砂糖を減らすことがむし歯予防の第一歩

昔の人、砂糖が貴重だった時代の日本人は今よりも歯を磨く人が少なかったとされる割にはむし歯の発症率が低いのが特徴です。その理由は、砂糖が貴重だった時代には砂糖入りのお菓子やジュース類、デザートなどを食べる習慣がなかったため、歯磨きを多少おこたってもむし歯を発症する確率は砂糖だらけの食べものや飲みものに囲まれている現代よりも低かったのです。
このため、私たちも昔の人たちにならって、という訳ではありませんが、むし歯を防ぐにはまずは食習慣を変えることが大切なポイントになります。具体的にはまず、砂糖の摂取をできるだけ少なくすることが重要です。砂糖入りのお菓子はもちろんのこと、砂糖や果糖ブドウ糖液糖などをふくんだ炭酸飲料やジュースの摂取はなるべくひかえるようにしましょう。毎日の歯磨きをしっかり行うとともに、砂糖をひかえることが歯の健康を保つ第一歩となることを頭の中に入れておくようにしてください。

駿河区のライオン歯科中田クリニックは人気が高い歯科医院です

-おすすめ歯医者情報

執筆者:

関連記事

no image

肌と同じで歯も老化していくって本当?その時期は?

歯が老化するって本当? 人間の肌や筋肉などは老化のイメージが付きやすいですが、実は歯も年齢によって老化していきます。子どもは20本、大人は28本の歯があり、親知らずが生えている人は32本の歯があります …

no image

口臭が気になったときは歯科医院で測定してもらえます

自分では気づきにくい口臭 身だしなみの一つとして気に掛けるべき存在となった口臭ですが、意外と自分では気が付かないものです。 例えばニンニクを大量に食べたり、お酒を多く飲んだ翌日は口臭を気にする人は多い …

no image

歯周病予防を行う前に知っておきたい、歯周病の種類

歯周病も予防しなければいけない 多くの人は、虫歯にならないように一生懸命歯磨きをしたり、定期健診に通ったりします。確かに虫歯も怖いので、しっかりとした予防や早めの治療は大切です。しかし、口腔内のトラブ …

歯医者の選び方

昨今歯医者の質は向上したといわれています。今までは怖い個室に、嫌な音が怖いなんて話がありましたが、昨今は進化してそういったデメリットはほとんどなくなっています。しかし、歯医者の数はコンビニより多いわけ …

no image

地方によくある歯科医院のスタイルや対応力

一般的な歯科医院のスタイル 全国的に多く見られるのが、街中や住宅街の一角で虫歯治療をメインにした歯科医院です。 子供から高齢者まで世代を問わず、地域の方に開かれ、学校や職場の歯科検診で指摘を受けた人や …