あなたの街の歯医者さん

あなたの街の歯医者さんを紹介します。地域の方々の書き込みや口コミをもとに歯医者さんの情報を掲載。あなたの知りたい情報がつかめるサイトです。

おすすめ歯医者情報

デンタルフロスを使って歯の清掃効果をUP

投稿日:

歯と歯のあいだにたまった汚れを綺麗に

デンタルフロスとは、ナイロンで作られた糸を複数束ねてある細い糸です。歯間清掃用具としてはデンタルフロスは代表的な製品であり、歯と歯のあいだにたまったプラーク(歯垢)や食べかすなどの汚れを落とすのに適しています。デンタルフロスは原則としてそのときの1度にかぎり使用する使い捨ての歯間清掃用具です。虫歯を防ぐためには毎日のブラッシングが基本となりますが、歯と歯のあいだには歯ブラシの毛先が入りにくく、ブラッシングだけでは歯をすみずみまで綺麗にすることはむずかしいです。このため、セルフケアを行う際にはブラッシングを行うとともに、歯と歯のあいだの汚れを落とすためのデンタルフロスを合わせて使うことで歯間の汚れを除去することができ、虫歯予防につながります。

デンタルフロスにはどんな種類がある?

デンタルフロスは大きく分けて2種類の種類があります。1つはワックスが塗られたワックスタイプ、もう1つはワックスが塗られていないアンワックスタイプのデンタルフロスです。ワックスタイプのフロスはフロスの糸をロウで作られたワックスでコーティングしてある製品で、歯と歯のあいだに通しやすいのが特徴です。アンワックスタイプはフロスの糸の表面に何も塗られていないタイプの製品です。どちらの製品にもメリット・デメリットがありますが、デンタルフロスを使い始めたばかりの人やフロスを上手く歯と歯のあいだに通せない人の場合はワックスタイプのデンタルフロスの使用をおすすめします。ワックスタイプのデンタルフロスにはミントフレーバーがつけられたものなど、清涼感を得られるフレーバーつきの製品も多いです。それに対し、アンワックスタイプのデンタルフロスはワックスが塗られていないため、慣れていないと歯と歯のすき間に上手く糸を通せずひっかかってしまう、というデメリットがあります。ただし、アンワックスタイプはワックスが塗られていない分、歯と歯のすき間に糸を通したときにワックスタイプのものよりもプラークや食べかすを多く除去できます。

デンタルフロス使用時の注意点

デンタルフロスを使う際には基本的に1日1回で十分です。デンタルフロスはナイロン製の細くて丈夫な糸で作られているため、1日に何度もフロスをかけると歯ぐきを痛めやすいので注意が必要です。また、フロスを歯と歯のすき間に通す際には強い力を入れると歯ぐきを傷つけてしまいます。強い力でフロスをかけていると歯ぐきが下がって歯の根面が露出してしまい、知覚過敏がひきおこされるおそれがあるため、使用時に力は入れすぎないよう注意しましょう。

広島県呉市にある評判の良い歯医者

-おすすめ歯医者情報

執筆者:

関連記事

no image

調子が悪くなる前に

歯が痛い時や詰め物が取れた時に通う人も少なくない たとえば風邪の場合、市販の薬を飲んで布団に入って寝たら治った、なんていう人も少なくないでしょう。 しかし歯に関しては決して自力でなんとか出来るものとい …

no image

歯医者で行われるホワイトニングの仕組み

過酸化水素水や過酸化尿素で歯を漂白 歯医者さんで行われる派のホワイトニングは、基本的には歯に付着したり内部に浸透してしまったりしたステインを漂白する治療です。そのために用いられる主な薬品は過酸化尿素や …

スポーツをしてる方も歯医者で舌をキレイにしてもらいましょう

歯医者で舌の汚れを落としてもらえます どれだけ丁寧に歯磨きをしていても、定期的に虫歯が発生してしまったり、口臭に悩まされている人は歯医者で舌の汚れを落としてもらってください。舌の表面には大量の菌類が繁 …

かかりつけ歯医者を持つメリット

最近、口の中の健康が実は全身に大きな影響を与えることがわかってきています。歯周病になると自分で噛めなくなって食生活に悪影響が出るだけではなく、糖尿病、心筋梗塞などの病気を引き起こしたり悪化させる要因に …

忙しくてなかなか矯正できない方は夜間治療や休日治療している歯医者がおすすめ

忙しい社会人は夜間治療や休日治療を行っている歯医者がおすすめ 平日にお仕事をされている社会人の方は、虫歯が気になっていても、中々治療を受けることが出来ずに困っている方も多いことでしょう。ほとんどの歯科 …