あなたの街の歯医者さん

あなたの街の歯医者さんを紹介します。地域の方々の書き込みや口コミをもとに歯医者さんの情報を掲載。あなたの知りたい情報がつかめるサイトです。

おすすめ歯医者情報

デンタルフロスを使って歯の清掃効果をUP

投稿日:

歯と歯のあいだにたまった汚れを綺麗に

デンタルフロスとは、ナイロンで作られた糸を複数束ねてある細い糸です。歯間清掃用具としてはデンタルフロスは代表的な製品であり、歯と歯のあいだにたまったプラーク(歯垢)や食べかすなどの汚れを落とすのに適しています。デンタルフロスは原則としてそのときの1度にかぎり使用する使い捨ての歯間清掃用具です。虫歯を防ぐためには毎日のブラッシングが基本となりますが、歯と歯のあいだには歯ブラシの毛先が入りにくく、ブラッシングだけでは歯をすみずみまで綺麗にすることはむずかしいです。このため、セルフケアを行う際にはブラッシングを行うとともに、歯と歯のあいだの汚れを落とすためのデンタルフロスを合わせて使うことで歯間の汚れを除去することができ、虫歯予防につながります。

デンタルフロスにはどんな種類がある?

デンタルフロスは大きく分けて2種類の種類があります。1つはワックスが塗られたワックスタイプ、もう1つはワックスが塗られていないアンワックスタイプのデンタルフロスです。ワックスタイプのフロスはフロスの糸をロウで作られたワックスでコーティングしてある製品で、歯と歯のあいだに通しやすいのが特徴です。アンワックスタイプはフロスの糸の表面に何も塗られていないタイプの製品です。どちらの製品にもメリット・デメリットがありますが、デンタルフロスを使い始めたばかりの人やフロスを上手く歯と歯のあいだに通せない人の場合はワックスタイプのデンタルフロスの使用をおすすめします。ワックスタイプのデンタルフロスにはミントフレーバーがつけられたものなど、清涼感を得られるフレーバーつきの製品も多いです。それに対し、アンワックスタイプのデンタルフロスはワックスが塗られていないため、慣れていないと歯と歯のすき間に上手く糸を通せずひっかかってしまう、というデメリットがあります。ただし、アンワックスタイプはワックスが塗られていない分、歯と歯のすき間に糸を通したときにワックスタイプのものよりもプラークや食べかすを多く除去できます。

デンタルフロス使用時の注意点

デンタルフロスを使う際には基本的に1日1回で十分です。デンタルフロスはナイロン製の細くて丈夫な糸で作られているため、1日に何度もフロスをかけると歯ぐきを痛めやすいので注意が必要です。また、フロスを歯と歯のすき間に通す際には強い力を入れると歯ぐきを傷つけてしまいます。強い力でフロスをかけていると歯ぐきが下がって歯の根面が露出してしまい、知覚過敏がひきおこされるおそれがあるため、使用時に力は入れすぎないよう注意しましょう。

広島県呉市にある評判の良い歯医者

-おすすめ歯医者情報

執筆者:

関連記事

定期的な検診とフッ素塗布

歯医者は歯が痛くなってから行くもの、と考えていませんか?しかし、痛くなってから行くのでは遅いのです。虫歯になる前に定期的に検診を受けましょう。

no image

歯医者の提案するホワイトニングとは?

ホワイトニングとは? 最近、歯医者でホワイトニングを受ける人が増えています。ホワイトニングとは米国で生まれた技術であり、歯を漂白してキレイにする治療のことです。歯が汚れてしまう原因となる物質を分解する …

no image

歯医者で行う型取りとは?

型取りについて 歯医者で型取りは、正確な歯の形を知るために行われます。被せ物や入れ歯を作成する際に、患者の正確な歯の形の模型を作ることで治療がスムーズに行われることが期待されます。歯の型取りは印象材と …

no image

日常生活の中に原因が!歯にひびが入る原因とひびの入り方に合わせた治療法

ひびが入ってしまう原因 歯は硬いので、そう簡単にひびが入ると思っていない方もいるのではないでしょうか?しかし、日常生活の行動や習慣の中にもひびの原因になる可能性が多々あり、気が付かないひびが入ってしま …

乳歯期から始める予防歯科

乳歯だからこそ、まだ小さいからこその予防歯科なんです。 いつか永久歯に生え変わるから、別に今は乳歯だから大丈夫とお子さんの歯について気楽に考えている方はいませんか? 歯ブラシさえしていればとりあえず虫 …