あなたの街の歯医者さん

あなたの街の歯医者さんを紹介します。地域の方々の書き込みや口コミをもとに歯医者さんの情報を掲載。あなたの知りたい情報がつかめるサイトです。

おすすめ歯医者情報

保険で作った入れ歯のサイズが合わない!そんなときには

投稿日:

入れ歯の調整をしてもらう

保険を適用して入れ歯を作ってもらったものの、いざ使い始めたら使用中の違和感がある、どうも自分の口の形に合っていない、そんなご経験をされたことはおありでしょうか。もし、保険適用の入れ歯が口に合わなかったり、使用中に違和感を感じる場合にはそのまま違和感のある入れ歯を使い続けると歯ぐきの退縮が早まってしまったり、ひどいときにはあごの骨の変形をおこすこともあります。
このため、保険適用の入れ歯に不具合を感じた場合はできるだけ早く入れ歯を作ってもらった歯科医院に行き、入れ歯の調整をしてもらうことをおすすめします。入れ歯の調整は個人差がありますが、1回の調整でしっくりくる場合もあれば、何度も調整をしてようやく違和感がとれる、というように患者さんの症状によって調整にかかる回数は異なります。

そもそも保険の入れ歯は違和感がでやすい

そもそも、保険を適用して作成する入れ歯は違和感がでやすいものです。自費の入れ歯の場合、保険の入れ歯の何倍、ときに10倍以上の時間と手間をかけて細部まで患者さんの口のサイズや角度などを測った上で作成するため、ぴったりとしたフィット感を得られやすいのですが、保険の入れ歯は自費のものと異なり作成にかける時間はどうしても限られてしまいます。
保険で入れ歯を作る場合、自費のように時間をかけられず最短の治療期間で作成するため、どうしても違和感がでやすいのです。このため、入れ歯が完成した直後は特に違和感がでやすいことから、最初から調整をすることを想定して作っている、それが保険診療で作る入れ歯です。

かみ合わせによっては肩こりを引き起こします

前回の作成から6カ月以内は自費扱いに

保険を入れ歯が口に合わず、歯科医院で調整してもらうことは珍しいケースではありません。毎日の食生活や会話に大きくかかわるアイテムである入れ歯は自分が納得できるまでしっかりと歯科医院で調整してもらうことをおすすめします。しかし、一度作った入れ歯が何度調整してもしっくりこない、そんな場合には新しい入れ歯を作ることがベストな選択肢になることもあります。
しかし、保険の入れ歯は法律で「6か月に2つの入れ歯を保険適用で作ることはできない」と規定されています。このため、もし、保険の入れ歯を新しく作る場合には前回作成した時点から最低でも6か月間は空けないと自費診療扱いになり、保険は適用できない、ということを頭に入れておくようにしましょう。前回作成した時点から6カ月以上経てば、再度保険を適用して入れ歯を作ることが可能になります。

-おすすめ歯医者情報

執筆者:

関連記事

no image

歯科の特徴

歯科とは 歯科はその医師や助手だけでなく、衛生士や技工士などたくさんのスタッフで成り立っている所です。 治療補助や予防処置、患者指導は衛生士、歯冠修復物をはじめ必要な物の作製は技工士が行います。 付属 …

後悔しない歯医者選び

現在日本国内の歯医者の数は7万軒近くといわれています。コンビニの数が4万軒ほどなのでどれほど歯医者の数が多いことか驚いてしまいます。 この数ある歯医者の中から良い歯医者を選ぶことはなかなか簡単なことで …

長生郡で高い評価!植草歯科医院で高品質なインプラントを!

歯でお悩みの方なら、一度はインプラント治療と言う言葉を、聞いたことがある人が多いかと思います。 インプラント治療と言うのは、欠損した歯の代わりに人工歯根を歯茎に埋め込み、そこに人工の歯を装着する治療の …

no image

親知らずの抜歯は口腔外科で受診を

親知らずはどんな歯 親知らずとは人間の歯のいちばん奥に生えてくる歯であり、大臼歯のさらに奥に生える歯を指します。正式名称は第三大臼歯と呼ばれ、もっとも前にある中切歯から数えると8番目にあるのが特徴です …

no image

歯根嚢胞とは何か?その治療法をご紹介

歯根嚢胞とはどのような病気か 歯根嚢胞とは歯茎に膿が溜まっていたり、噛む時に歯が痛いという症状が出る病気です。特に治療が終わっている歯や虫歯が悪化している場合に発生しやすい病気で、再発率が高いとされて …