あなたの街の歯医者さん

あなたの街の歯医者さんを紹介します。地域の方々の書き込みや口コミをもとに歯医者さんの情報を掲載。あなたの知りたい情報がつかめるサイトです。

おすすめ歯医者情報

保険で作った入れ歯のサイズが合わない!そんなときには

投稿日:

入れ歯の調整をしてもらう

保険を適用して入れ歯を作ってもらったものの、いざ使い始めたら使用中の違和感がある、どうも自分の口の形に合っていない、そんなご経験をされたことはおありでしょうか。もし、保険適用の入れ歯が口に合わなかったり、使用中に違和感を感じる場合にはそのまま違和感のある入れ歯を使い続けると歯ぐきの退縮が早まってしまったり、ひどいときにはあごの骨の変形をおこすこともあります。
このため、保険適用の入れ歯に不具合を感じた場合はできるだけ早く入れ歯を作ってもらった歯科医院に行き、入れ歯の調整をしてもらうことをおすすめします。入れ歯の調整は個人差がありますが、1回の調整でしっくりくる場合もあれば、何度も調整をしてようやく違和感がとれる、というように患者さんの症状によって調整にかかる回数は異なります。

そもそも保険の入れ歯は違和感がでやすい

そもそも、保険を適用して作成する入れ歯は違和感がでやすいものです。自費の入れ歯の場合、保険の入れ歯の何倍、ときに10倍以上の時間と手間をかけて細部まで患者さんの口のサイズや角度などを測った上で作成するため、ぴったりとしたフィット感を得られやすいのですが、保険の入れ歯は自費のものと異なり作成にかける時間はどうしても限られてしまいます。
保険で入れ歯を作る場合、自費のように時間をかけられず最短の治療期間で作成するため、どうしても違和感がでやすいのです。このため、入れ歯が完成した直後は特に違和感がでやすいことから、最初から調整をすることを想定して作っている、それが保険診療で作る入れ歯です。

かみ合わせによっては肩こりを引き起こします

前回の作成から6カ月以内は自費扱いに

保険を入れ歯が口に合わず、歯科医院で調整してもらうことは珍しいケースではありません。毎日の食生活や会話に大きくかかわるアイテムである入れ歯は自分が納得できるまでしっかりと歯科医院で調整してもらうことをおすすめします。しかし、一度作った入れ歯が何度調整してもしっくりこない、そんな場合には新しい入れ歯を作ることがベストな選択肢になることもあります。
しかし、保険の入れ歯は法律で「6か月に2つの入れ歯を保険適用で作ることはできない」と規定されています。このため、もし、保険の入れ歯を新しく作る場合には前回作成した時点から最低でも6か月間は空けないと自費診療扱いになり、保険は適用できない、ということを頭に入れておくようにしましょう。前回作成した時点から6カ月以上経てば、再度保険を適用して入れ歯を作ることが可能になります。

-おすすめ歯医者情報

執筆者:

関連記事

no image

歯科医院で働くスタッフの資格について

資格を所持している方とそうでない方 歯科医院には資格を所持している方と所持していない方が働いています。 歯科医師をはじめ、施行技工士や歯科衛生士は国家資格を所有しており、治療を行う上での専門的な知識を …

根幹治療の重要性

根管治療とは、歯の根本に菌が入り、根の先に病気ができて歯や根が傷んでくる病気です。この病気になるとレントゲンを撮影し、病巣を確認した後で針を根の先まで入れ、ほじるように病巣を除去して薬を詰め、ゴムを詰 …

no image

被せ物の土台になる部分を大切にしよう

良い被せ物をしても土台がしっかりしていないとダメ? 歯医者で働いている人は、歯科医師免許や歯科衛生士、歯科技工士などの国家資格を保有しており、正しい知識と技術を持って一人ひとりに合った治療を行っていま …

歯茎が腫れたら歯医者に行こう!

歯茎が腫れてしまって痛い!という経験はありませんか? 歯茎が腫れてしまうと食事はとりにくいし、異物感が合って気持ちが悪いです。 そんな時には迷わずに歯医者さんに行くようにしましょう。 歯茎が腫れてしま …

歯医者での定期検診の大切さ

歯医者はむし歯ができたときにのみ通うところではありません。むし歯予防やむし歯の早期発見のために検診を受けるところでもあります。多くの歯医は最低でも年に二回は定期検診を受けることを患者に進めています。定 …