あなたの街の歯医者さん

あなたの街の歯医者さんを紹介します。地域の方々の書き込みや口コミをもとに歯医者さんの情報を掲載。あなたの知りたい情報がつかめるサイトです。

おすすめ歯医者情報

妊娠中、子育て時の歯科通いのすすめ

投稿日:

妊娠中に歯の様子を見てもらうのもおすすめ

妊娠中はつわりなどで歯を磨くことが辛くなり、いつもよりも歯のケアを怠ってしまう妊婦さんも多いです。妊娠中に歯医者へ足を運び、虫歯がないかなど診てもらうのもおすすめです。母子手帳にも妊娠中の歯の様子を、歯医者で書いてもらう欄がありますので書いてもらってはいかがでしょうか。

妊娠中に歯医者へ行く場合は、安定期に入ってから通われることをおすすめします。初期はつわりが辛いという方も多いので、つわりが落ち着いてきて安定期に入った頃が動きやすいのではないでしょうか。また後期になるとだんだんとお腹も大きくなってくるので、寝転がっての治療がしんどいと思われる妊婦さんも多いです。

妊娠9ヶ月以降は出来ない治療があるなど、妊娠5ヶ月から8ヶ月頃は治療を受けやすいという事情もあります。麻酔を使うことが出来ないため、深く歯を削る治療が難しいなど妊娠の週数によっては断られることもあるので、安定期に入ったらすぐに歯医者へいくことをおすすめします。

キッズスペース完備の歯医者を探すのもおすすめ

大掛かりな治療になるので、治療を受けている間は子供のことを考えたくないと感じるママも多いかと思います。治療中、目を離すことになるが遊ぶスペースでおとなしくしてくれているだろうかと心配になることもあります。

治療内容にもよりますが、時には小一時間治療がかかることもあります。お子さんが小さいとなかなか長時間待てないかと思いますので、その際はキッズスペースがある歯医者を探すこともおすすめします。お子さんのことを気にせず治療に専念が出来るので、ゆっくりと先生やスタッフの話を聞くことが出来るとの体験談もあります。

歯医者というと時には治療中に痛いと感じることもありますので、お子さんのことが気になると辛いかもしれません。ベストな状態で治療に専念をするためにも、お子さんを家族などに預けられない場合はキッズスペースがある歯医者を探すのも1つの方法です。

http://www.daisuke-dc.com/

-おすすめ歯医者情報

執筆者:

関連記事

歯科矯正を行った感想

私は、上の段の前歯の横の歯が1本他の歯より1段へこんでいました。母親は気にすることないと言いますが、一度気になるとどうしても気になってしまいます。もちろん歯も磨きにくいですし、その歯だけ黄ばんでいまし …

no image

矯正治療の種類について

ワイヤー矯正とは ワイヤー矯正とは、ブラケットという金具を歯の表面に取り付け、金属製のワイヤーでブラケットを固定して歯を少しずつ動かしていく矯正法です。一般に「歯列矯正」と言うときにはこのワイヤー矯正 …

no image

デンタルフロスを使って歯の清掃効果をUP

歯と歯のあいだにたまった汚れを綺麗に デンタルフロスとは、ナイロンで作られた糸を複数束ねてある細い糸です。歯間清掃用具としてはデンタルフロスは代表的な製品であり、歯と歯のあいだにたまったプラーク(歯垢 …

虫歯治療も早期発見が望ましい

虫歯の治療と一言で言っても、その進行具合によって、頻度、期間、治療費、痛みが全然違ってきます。 1番望ましいのは、検診で見つけられる場合です。

【失敗しない歯医者選び】

現在、日本の歯医者の数は約70000軒です。全国に約40000軒あるとされるコンビニエンスストアと比較すると、その数がどれだけのものかわかります。 これだけの数がある歯医者ですから、先生の技術や医療設 …