あなたの街の歯医者さん

あなたの街の歯医者さんを紹介します。地域の方々の書き込みや口コミをもとに歯医者さんの情報を掲載。あなたの知りたい情報がつかめるサイトです。

おすすめ歯医者情報

放置すると歯が抜けることも!インプラント周囲炎の正しいセルフケア方法について

投稿日:

インプラント周囲炎の症状

インプラント周囲炎とは、インプラント手術を行ったあと、患者さんの歯ぐきに炎症が起きたり、あごの骨が細菌によって溶かされてしまう病気です。代表的な症状としては歯ぐきの腫れや出血のほか、症状が進むと歯ぐきから膿がでたり、最終的にはあごの骨が溶けて埋め入れたインプラント体(フィクスチャー)が抜け落ちてしまうこともあります。インプラント周囲炎は上記のように歯周病と非常に似た症状を発症するのが特徴です。このため、手術後のインプラント周囲炎の発症を防ぐためには歯周病を予防するのと同様に患者さんがご自身でしっかり毎日のセルフケアを行い、同時に歯科医院で定期的にメンテナンスを受けることが重要です。

インプラント周囲炎を防ぐためのセルフケア

インプラントは歯の部分にあたる人工歯は陶器製のセラミックや人工ダイヤモンドのジルコニアからできており、虫歯にかかることはありません。しかし、虫歯にならないからと言って手術後に歯磨きをしないでいると埋め入れたインプラントと歯ぐきの境目にある歯周ポケットにプラーク(歯垢)や汚れが溜まりやすくなります。すると、歯周ポケットに溜まったプラークや食べかすによって歯ぐきに炎症が起きてしまい、インプラント周囲炎を発症するケースもあります。このため、インプラント周囲炎を防ぐためには第一に毎日の歯磨きを欠かさずに行うことが大切です。歯磨きはあまり強い力でゴシゴシと磨いてしまうと歯ぐきを傷つけるおそれがありますので、ブラッシングのときには軽い力でペンを持つように歯ブラシを持ち、やさしく磨くことを心がけましょう。歯磨きの際には歯だけではなく歯と歯ぐきの境目にある歯周ポケットの溝の中もしっかり汚れを落とすようにしてください。歯周ポケットを磨きときには歯ブラシの毛先を歯周ポケットに対して斜め45度の角度で当ててあげると毛先が歯周ポケットに入りやすくなり、中の汚れをかきだしやすくなります。

歯科医院での定期検診も忘れずに

インプラント周囲炎を防ぐには毎日のセルフケアを欠かさずに行うとともに、歯科医院で定期的にメンテナンスを受けることが大切です。インプラント手術後のメンテナンスの頻度は患者さんの症状によって異なりますが、おおむね手術後、1年に2~3回程度のペースでメンテナンスを受けることでインプラント周囲炎の予防と埋め入れたインプラントを長持ちさせることにつながります。

kominami.site

-おすすめ歯医者情報

執筆者:

関連記事

インプラントでの歯医者の選び方

よい歯医者の選び方 歯医者の数が増えており、特に東京などの都市部では、コンビニエンスストア並みに歯科クリニックが存在している地域もあります。飽和状態となっているため、虫歯になった時にどの歯科クリニック …

no image

市販のホワイトニングアイテムは歯を痛める?

消しゴムタイプの製品には注意が必要です 現在では日本でも歯に対する健康意識がじょじょに高まってきています。虫歯や歯周病を未然に防ぐ予防歯科の意識はスウェーデンやアメリカなどの欧米の歯科先進国の人たちと …

no image

歯並びについて

歯並びの実態 日本人には歯がアゴに対して入りきらない叢生(そうせい)が多いです。矯正診療を進めるにあたっては最初に詳細な検査を行い、不正咬合が骨格・歯槽・機能のどこに問題を抱えているのかを調査し、その …

no image

歯を美しくする審美歯科治療とは

歯の美しさを向上させることが目的です 突然ですが、みなさんは歯医者、と聞くとどのような光景を連想されますでしょうか?「キーン」と歯を削る音や虫歯治療で使用する麻酔注射など、虫歯に関することを思い浮かべ …

定期検診で歯周病予防

ひと昔前までは歯医者といえば虫歯で歯が痛くなったり、歯周病で歯が悪くなってから行くところというイメージでした。 しかしここ数年ではそういったトラブルが発生してからではなく、未然に防ぐために歯医者に行く …