あなたの街の歯医者さん

あなたの街の歯医者さんを紹介します。地域の方々の書き込みや口コミをもとに歯医者さんの情報を掲載。あなたの知りたい情報がつかめるサイトです。

おすすめ歯医者情報

根管治療が必要になるむし歯について

投稿日:

根管治療とは?

根管治療とは、歯の根っこである根管内部の神経にまでむし歯菌がおよんでしまった場合に行う歯の根っこのお掃除を指します。具体的には、C3以上の歯の神経および根管内部に進行したむし歯で行われる歯科治療です。根管治療では歯の根のお掃除をしたあとに薬剤を詰めて細菌を殺し、その作業をくりかえして最後にフタ(ガッタパーチャ)をして根充を行い、型取りをしてかぶせ物を装着して治療を終えます。

根管治療では何をするの?

根管治療ではリーマーやファイルなどの器具を使って歯の根っこをお掃除します。この「お掃除」と言うのは具体的には歯の根の神経をそぎ切る作業です。歯の根がむし歯菌によっておかされていると激しい痛みを感じるほか、炎症が起きたり、さらには歯の根の内部からあごの骨の内部にむし歯菌が侵入して骨を溶かしてしまうこともあります。
リーマーやファイルで歯の根の神経をそぎ切ったり広げたりしてむし歯菌におかされた神経を処置するのですが、当然神経をそぎ切る訳ですから麻酔無しでは処置を行うことはできません。もちろん、治療時には麻酔注射をするのですが、根管治療は歯の根の神経が炎症を起こしていることも多く、そのようなケースでは麻酔をしても効きにくく、治療時にズキッとした強い痛みを感じる場合もあります。

ebisu-west.com

根管治療でコアを入れるケース

根管治療では歯を削る量が多くなる場合があります。これはむし歯が侵出した箇所が大きい場合に歯を削る箇所が大きくなるためです。このようなケースでは場合によっては歯の薄さがかぶせ物をかぶせたあとに強度不足におちいってしまうおそれがあります。このため、根管治療時に歯を削る量が多く強度不足が懸念されるケースでは削った箇所に「コア」と呼ばれる土台を入れて補強を行うこともあります。
コアの素材には金属製のメタルコアやグラスファイバーでできたファイバーコア、硬質レジンでできたレジンコアなどがあります。メタルコアは強度にすぐれていますが金属アレルギーのリスクや強度が強すぎて歯根が折れるおそれがあります。そのようなケースではファイバーコアやレジンコアなどのほかの素材を使って土台を作る場合もあります。また、メタルコアは金属の色が外側から透けて黒く見えてしまうという外観上のデメリットもあるため、近年ではファイバーコアやレジンコアを選択する人も増えてきています。コア素材は歯科医師と良く相談して自分に合った素材を選ぶようにしましょう。

-おすすめ歯医者情報

執筆者:

関連記事

HPや口コミサイトで歯医者の情報を事前にチェック

現在日本には多くの歯医者があり、あちらこちらで歯医者を見かけることがあります。一体どのような歯医者が良い歯医者なのでしょうか。 多くの歯医者の中で良い歯医者を見つけるためには、ホームページや口コミサイ …

かかりつけ歯医者を持つメリット

最近、口の中の健康が実は全身に大きな影響を与えることがわかってきています。歯周病になると自分で噛めなくなって食生活に悪影響が出るだけではなく、糖尿病、心筋梗塞などの病気を引き起こしたり悪化させる要因に …

歯医者にも得意分野がある

親知らずが生えていると、虫歯になりやすくなるため抜かなければいけないのかと不安になってしまうのですが、たとえ親知らずが生えていても必ずしも抜く必要はないのです。

歯医者の話

今の歯医者さんのお父さんが歯医者さんをしていた頃、とても優しい歯医者さんで、この歯を何とか残してやりたいなあ。なんとかならないかなあといいながら、治療していたという母の話を聞いたことがあります。

no image

歯科の特徴

歯科とは 歯科はその医師や助手だけでなく、衛生士や技工士などたくさんのスタッフで成り立っている所です。 治療補助や予防処置、患者指導は衛生士、歯冠修復物をはじめ必要な物の作製は技工士が行います。 付属 …