あなたの街の歯医者さん

あなたの街の歯医者さんを紹介します。地域の方々の書き込みや口コミをもとに歯医者さんの情報を掲載。あなたの知りたい情報がつかめるサイトです。

おすすめ歯医者情報

歯に黒い点が!その原因や治療方法とは

投稿日:

歯に黒い点ができる理由

歯に黒い点ができてしまうのは、虫歯の初期症状や再発・歯周病によってできた黒い歯石・色素沈着・コンポジットレジン(詰め物)の劣化などの原因が考えられます。初期の虫歯はなかなか気付くことができないため、放置してしまう方も多いでしょう。実際に、黒い点ができても他に自覚症状がない場合は、気にせずに放置する方もたくさんいます。
虫歯以外にも、コーヒーやワイン、たばこなどによる色素沈着も黒い点となって表れます。白くて綺麗な歯を維持したいのであれば、できるだけ煙草を控え、コーヒーやワインを飲んだ後は口をすすぐようにしましょう。日頃から口をよくすすぐようにすれば、色素沈着してしまうのを防ぐことができます。
また、コンポジットレジン(詰め物)が劣化した場合も黒い点ができる可能性があります。歯と詰め物の間に隙間があると黒く見えるケースもあるでしょう。

歯にできてしまった黒い点はどうやって治療するの?

初期の虫歯や再発してしまった虫歯の場合は、詰め物や被せ物で対応します。まだ軽い段階であれば、痛みを感じることなく治療できるため、気になり出したら早めに歯医者を受診しましょう。歯周病によってできた黒い歯石の場合は、歯石を除去するための機械を使って歯石を砕いていきます。歯石を取り除くと、黒い点が目立たなくなるでしょう。
色素沈着が原因になっている場合、ホワイトニングやクリーニングをすることによって黒い点を改善できます。ホワイトニングやクリーニングなどは保険適用外になるので、費用がどのくらいかかるか事前に確認しておくことをおすすめします。
コンポジットレジン(詰め物)が劣化してしまった場合は、詰め物を治してもらうことで改善します。できるだけ早く治してもらうようにすれば虫歯の再発も防げるでしょう。

黒い点を予防するためには・・・

歯にできてしまう黒い点は予防することもできます。
予防方法としては、毎日の丁寧なブラッシングや歯医者の定期健診が有効です。毎日のブラッシングでは、歯ブラシだけでなくデンタルフロスや歯間ブラシなどを使用するとより効果的です。歯医者の定期検診は、毎日の歯磨きだけでは落としきれない汚れもしっかり落としてくれます。また、正しいブラッシングの指導もしてもらえるため、磨き残しのないブラッシング方法が身に付くでしょう。歯医者で教えてもらった方法を実践すれば、歯の黒い点も予防しやすくなります。

大阪市鶴見区で話題の歯医者

-おすすめ歯医者情報

執筆者:

関連記事

インプラントでの歯医者の選び方

よい歯医者の選び方 歯医者の数が増えており、特に東京などの都市部では、コンビニエンスストア並みに歯科クリニックが存在している地域もあります。飽和状態となっているため、虫歯になった時にどの歯科クリニック …

虫歯について

私は歯医者で歯科助手として勤めていたときがあります。そのとき、虫歯になった患者さんがこられるのですが、やはりみなさん痛くなってからでないと歯医者に行かないとか痛みがなくなったら治療途中でも来なくなった …

虫歯治療も早期発見が望ましい

虫歯の治療と一言で言っても、その進行具合によって、頻度、期間、治療費、痛みが全然違ってきます。 1番望ましいのは、検診で見つけられる場合です。

世田谷の小児歯科について思うこと

昔から小児歯科さんは苦手です。最近は行ってないのですが、子供の頃に治療してもらった時、歯を削るのがものすごく痛かった記憶があるからです。とはいえ、生きて行く上で歯は必要不可欠なものですし、歯を治療して …

歯の健康と美しさを守るための予防歯科

虫歯予防から口元美人になるまでサポート 歯医者というと虫歯になったときに行くところ、学校や会社の検診で指摘を受けて仕方なく行くところと思っていませんか。 ですが、口元美人の方は3ヵ月に一度など短期間の …