あなたの街の歯医者さん

あなたの街の歯医者さんを紹介します。地域の方々の書き込みや口コミをもとに歯医者さんの情報を掲載。あなたの知りたい情報がつかめるサイトです。

おすすめ歯医者情報

歯の着色汚れはクリーニングで落ちる?

投稿日:

エナメル質の表面についている汚れなら落ちる可能性があります

歯の黄ばみや茶渋、タバコのヤニなど、歯の汚れは何かと気になるものです。しかし、これらの汚れは自分自身で行う歯磨きだけではなかなか落とせないのが特徴であり、無理に落とそうとして汚れがある箇所をゴシゴシと歯ブラシでこすってしまうと歯のエナメル質を傷つけるおそれがあります。
このようなケースでは歯科医院で行うPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)が有効です。歯のクリーニングには保険の範囲内で行うものから自費診療のものまでさまざまな種類があります。歯の汚れがエナメル質の表面にのみ付着している場合には自費診療のPMTCを受けることで汚れをこそぎ落とし、歯を白くする効果を期待できます。

PMTCは保険適用にできるケースも

PMTCは原則として自費診療で行っているクリニックが多いです。しかし、PMTCはケースによっては保険適用にすることが可能です。具体的な方法としては、むし歯や歯周病治療の一環として歯のクリーニングやスケーリングを行う場合にはクリニックによってはPMTCを保険適用のクリーニング扱いにして清掃をするところもあります。
しかし、ホワイトニングやラミネートベニアなど、審美歯科治療の際にPMTCを行う場合には保険を適用することはできません。これは、日本の法律で「必要最低限の治療にのみ保険を適用することができる」と定めているためです。このため、保険を適用してPMTCを受けるにはむし歯や歯周病など、治療の一環として歯の清掃を行う場合にのみ保険適用が可能となります。

歯医者を厚木で探している方へ

ステイン汚れはクリーニングでは落とせません

歯の着色汚れはエナメル質の表面についたものであれば、PMTCで落とせる可能性が高いです。しかし、着色汚れの中でもエナメル質の内部にまで浸透してしまったステイン汚れに関しては歯の表面のクリーニングであるPMTCでも汚れを落とすことはできません。
このため、歯のエナメル質の内部にまでステイン汚れが浸透している場合にはオフィスホワイトニングやホームホワイトニングなどの過酸化物を使用するホワイトニングを受けるか、歯そのものを白くするのではなくかぶせ物で白くするオールセラミック、歯の表面に白いセラミックチップを貼り付けるラミネートベニアなどの審美歯科治療を受けることをおすすめします。審美歯科治療は原則としてすべての治療は自費になるため、治療を受ける前には費用をしっかりと調べておくようにしましょう。

-おすすめ歯医者情報

執筆者:

関連記事

田端の歯医者でフッ素加工

子供の虫歯予防の一つに、フッ素塗布(フッ化物塗布)というものがあります。最近は、多くの親が子供のためにフッ素塗布をするために歯医者に足を運んでいます。フッ化物は、歯を溶かす酸の生成を抑えて歯を溶けにく …

no image

口内炎の予防

予防について 口内ができる原因は様々ですが、栄養バランスの取れた食生活を心がけること、十分な睡眠をとること、口の中を清潔に保つことなどが大切です。つまりは、食生活を見直すことによって口内炎予防になると …

no image

歯医者は細かいところも見逃さない!小さい虫歯も見ている

小さい虫歯は将来的なリスクを高めるケースあり 小さい虫歯を放置していると、将来的に大きなリスクが生じてしまい、その周囲の虫歯を大きく増加させる可能性もあります。こうしたリスクを軽減するためには、小さい …

no image

歯周病の症状に気づくために必要なこと

歯肉炎の症状を見逃さない 歯肉炎とは歯ぐきの炎症をはじめとする症状のひとつであり、初期段階の歯周病に分類されます。歯肉は歯ぐきを指し、歯肉炎にかかると歯ぐきが赤く腫れるほか、歯磨きをしているときに歯ぐ …

no image

歯根嚢胞とは何か?その治療法をご紹介

歯根嚢胞とはどのような病気か 歯根嚢胞とは歯茎に膿が溜まっていたり、噛む時に歯が痛いという症状が出る病気です。特に治療が終わっている歯や虫歯が悪化している場合に発生しやすい病気で、再発率が高いとされて …