あなたの街の歯医者さん

あなたの街の歯医者さんを紹介します。地域の方々の書き込みや口コミをもとに歯医者さんの情報を掲載。あなたの知りたい情報がつかめるサイトです。

おすすめ歯医者情報

歯の着色汚れはクリーニングで落ちる?

投稿日:

エナメル質の表面についている汚れなら落ちる可能性があります

歯の黄ばみや茶渋、タバコのヤニなど、歯の汚れは何かと気になるものです。しかし、これらの汚れは自分自身で行う歯磨きだけではなかなか落とせないのが特徴であり、無理に落とそうとして汚れがある箇所をゴシゴシと歯ブラシでこすってしまうと歯のエナメル質を傷つけるおそれがあります。
このようなケースでは歯科医院で行うPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)が有効です。歯のクリーニングには保険の範囲内で行うものから自費診療のものまでさまざまな種類があります。歯の汚れがエナメル質の表面にのみ付着している場合には自費診療のPMTCを受けることで汚れをこそぎ落とし、歯を白くする効果を期待できます。

PMTCは保険適用にできるケースも

PMTCは原則として自費診療で行っているクリニックが多いです。しかし、PMTCはケースによっては保険適用にすることが可能です。具体的な方法としては、むし歯や歯周病治療の一環として歯のクリーニングやスケーリングを行う場合にはクリニックによってはPMTCを保険適用のクリーニング扱いにして清掃をするところもあります。
しかし、ホワイトニングやラミネートベニアなど、審美歯科治療の際にPMTCを行う場合には保険を適用することはできません。これは、日本の法律で「必要最低限の治療にのみ保険を適用することができる」と定めているためです。このため、保険を適用してPMTCを受けるにはむし歯や歯周病など、治療の一環として歯の清掃を行う場合にのみ保険適用が可能となります。

歯医者を厚木で探している方へ

ステイン汚れはクリーニングでは落とせません

歯の着色汚れはエナメル質の表面についたものであれば、PMTCで落とせる可能性が高いです。しかし、着色汚れの中でもエナメル質の内部にまで浸透してしまったステイン汚れに関しては歯の表面のクリーニングであるPMTCでも汚れを落とすことはできません。
このため、歯のエナメル質の内部にまでステイン汚れが浸透している場合にはオフィスホワイトニングやホームホワイトニングなどの過酸化物を使用するホワイトニングを受けるか、歯そのものを白くするのではなくかぶせ物で白くするオールセラミック、歯の表面に白いセラミックチップを貼り付けるラミネートベニアなどの審美歯科治療を受けることをおすすめします。審美歯科治療は原則としてすべての治療は自費になるため、治療を受ける前には費用をしっかりと調べておくようにしましょう。

-おすすめ歯医者情報

執筆者:

関連記事

歯医者の今後について

みなさんは歯医者の今後についてどういう考えを持ってますでしょうか?多くの方は歯医者というだけでプラスのイメージを持つのが普通です。

現在の歯科治療は怖くありません

大人でも歯医者へ通うのに抵抗があると感じている方が多くいます。歯科恐怖症であれば歯科治療をまともに受けられませんが、現在は負担を極力減らしてくれる歯科治療が行われていますし、患者さんが怖くならないよう …

no image

歯周病を悪化させてしまう原因はどこにある?

歯周病を悪化させてしまう原因とは? 歯周病を悪化させてしまう原因は1つではなく、いくつもの原因が絡み合い悪化につながっています。数ある原因の中でも、特に大きな原因だと考えられているのは、喫煙とストレス …

no image

歯科医院で電動歯ブラシを積極的に勧めない理由

電動歯ブラシに対する認識 歯科医院では普通の歯ブラシを販売していることはありますが、電動歯ブラシを置いているところはあまり多くはありません。 理由としては電動歯ブラシの種類が多く次々と新しい商品が発売 …

水天宮前で八重歯の治療について

八重歯に限らず、私たちの歯は、歯の外側がエナメル質でおおわれていて、その内側に象牙質が存在しています。アジア人は欧米人と比べてエナメル質の層が薄いと言われていますが、場合によってはそれぞれの歯の両サイ …