あなたの街の歯医者さん

あなたの街の歯医者さんを紹介します。地域の方々の書き込みや口コミをもとに歯医者さんの情報を掲載。あなたの知りたい情報がつかめるサイトです。

おすすめ歯医者情報

歯並びについて

投稿日:

歯並びの実態

日本人には歯がアゴに対して入りきらない叢生(そうせい)が多いです。矯正診療を進めるにあたっては最初に詳細な検査を行い、不正咬合が骨格・歯槽・機能のどこに問題を抱えているのかを調査し、その成り立ちを知ります。それにより適正な装置の選択や抜歯の問題などの治療方法、治療の流れを検討されます。

不正咬合の種類

不正咬合には、歯がアゴに入りきらないでガチャガチャに生えている叢生、前歯が反対に咬んでいる反対咬合(はんたいこうごう)、前歯の咬み合わせが深い過蓋咬合(かがいこうごう)、上下の前歯がちょうど合わさっている切端咬合(せったんこうごう)、奥歯で咬んでも前歯が当たらない開咬(かいこう)、出っ歯と総称される上顎前突(じょうがくぜんとつ)、などがあります。正常咬合でないものを不正咬合といいます。それぞれの不正咬合によって、的確な処置が必要になります。それを見極めるにはやはり医療機関で診てもらうしかありません。

長野にあるのぐち歯科・口腔外科医院は有名な歯医者です

不正咬合の成り立ち

矯正歯科を受診して初診相談の結果治療を開始することになると、最初に詳細な検査が行われます。そのなかには側面頭部エックス線規格写真という、普通の歯医者さんにはない特別なエックス線写真検査があります。この検査で個々の不正咬合の成り立ちが詳細に分かります。
不正咬合は骨格・歯槽・機能の3つの要素から成り立っています。骨格とは、上あごと下あごの大きさや位置のことであり、歯槽とは、上下の前歯の軸がどの程度傾いているのかなど、歯の問題です。機能とは、歯が咬み合わさっていない安静位と呼ばれる状態からしっかり咬み合わさった状態への経路に異常がないかなどです。この3つの要素からズレが生じると何かしらの不正咬合になります。不正咬合も虫歯と同じく、天性的なものもあると思うがやはり、生活環境からの要因が考えられます。
例えば上顎前突と言っても、上あごが大きく下あごが小さい上顎前突(骨格性上顎前突)、上の歯が大きく前に傾いているためにオーバージェットが大きくなっている上顎前突(歯槽性上顎前突)、上の一番目の前歯の傾きは普通なのに二番目の前歯が内側に入っているので咬むと下あごが後に咬みこんでしまう上顎前突(機能性上顎前突)など様々です。これらの組み合わさったものも多く見受けられます。
治療を開始する前に詳細な検査を行い、不正の成り立ちを調べることで、適応する装置の選択や抜歯の問題などが検討されます。

-おすすめ歯医者情報

執筆者:

関連記事

no image

根管治療が必要になるむし歯について

根管治療とは? 根管治療とは、歯の根っこである根管内部の神経にまでむし歯菌がおよんでしまった場合に行う歯の根っこのお掃除を指します。具体的には、C3以上の歯の神経および根管内部に進行したむし歯で行われ …

早めの虫歯治療で歯を守る

早めに虫歯治療を受けておけば、歯を削らなくて済むようになってきます。

世田谷の小児歯科について思うこと

昔から小児歯科さんは苦手です。最近は行ってないのですが、子供の頃に治療してもらった時、歯を削るのがものすごく痛かった記憶があるからです。とはいえ、生きて行く上で歯は必要不可欠なものですし、歯を治療して …

1人1人にベストな治療を行ってくれるのは井土ヶ谷の和田歯科医院

虫歯がひどくなって、歯が抜けてしまったり、老化により歯が抜けてしまったりした場合、入れ歯を入れる事が多いです。 抜けた歯が一本でしたら、いわゆる「差し歯」をします。 前歯が抜けた場合は、エナメル質の義 …

長生郡で高い評価!植草歯科医院で高品質なインプラントを!

歯でお悩みの方なら、一度はインプラント治療と言う言葉を、聞いたことがある人が多いかと思います。 インプラント治療と言うのは、欠損した歯の代わりに人工歯根を歯茎に埋め込み、そこに人工の歯を装着する治療の …