あなたの街の歯医者さん

あなたの街の歯医者さんを紹介します。地域の方々の書き込みや口コミをもとに歯医者さんの情報を掲載。あなたの知りたい情報がつかめるサイトです。

おすすめ歯医者情報

歯医者で作ることができる入れ歯の素材

投稿日:

保険適用ができる入れ歯の素材

保険で作ることができる入れ歯は歯茎部分がプラスチックになっています。素材が安価であるため費用がかなり安く済みますが、入れ歯の装着感に不満を感じる方は決して少なくありません。噛む力が弱く硬いものが食べにくいと感じる・痛みが出るといった悩みを持つ方も多いです。また、入れ歯の寿命そのものも短く、劣化した場合には作り直しが必要となることも大きなデメリットと言えます。しっかりものを噛むことができない場合、それは健康リスクにもつながるので決して見過ごせない問題です。入れ歯の装着感が悪いとストレスを感じる原因にもなりかねないので、入れ歯の質にこだわりたいという方は少なくありません。

保険適用不可な入れ歯の素材

一方、プラスチック以外の素材を使った入れ歯は自由診療となるので保険適用ができず、総入れ歯となると10万円~とかなり高額な費用を請求されるケースが多いです。保険適用不可となる入れ歯の歯茎部分は、金属やシリコンでできています。金属の入れ歯はコバルトクロム・チタンといった素材が使われることが多く、コバルトクロムは保険適用ができない入れ歯の中では比較的リーズナブルな素材です。ただし金属アレルギーのリスクも考えられ、その場合はチタンやシリコンといった選択肢をとることになります。シリコンは整形手術などにも使われるおなじみの素材で、金属よりも体とのフィット感が良いのが特徴です。しかし経年劣化が早く、シリコン部分が劣化することにより噛み合わせそのものが変化してしまうリスクもあるのが難点と言えます。近年はインプラントやオーダーメイド入れ歯を選ぶ方も増えてきました。最初にかかる費用がかなり高額になるものの、その後作り直しの費用などが発生しにくいことを考えると十分費用対効果が見合うと感じる方も多いです。

熊本南区の伊藤歯科医院は有名な歯医者です

高価な入れ歯を選ぶ際はメリット・デメリットをしっかり確認

高価な入れ歯にはメリットもありますが、高いものが患者さんにとって一番良いものであるとは限りません。歯医者さんの治療方針やおすすめをよく確認し、保険外治療の入れ歯を勧められた際はそのメリット・デメリットについてよく確認することをおすすめします。納得いく入れ歯を作った方は、入れ歯を装着しても違和感が少なくご飯も今まで通りおいしく召し上がれるといった感想をお持ちになる方が多いです。入れ歯を作っても食事を楽しみたい方、見た目・フィット感共に違和感のないようにしたい方はしっかり検討しましょう。

-おすすめ歯医者情報

執筆者:

関連記事

no image

市販のホワイトニングアイテムは歯を痛める?

消しゴムタイプの製品には注意が必要です 現在では日本でも歯に対する健康意識がじょじょに高まってきています。虫歯や歯周病を未然に防ぐ予防歯科の意識はスウェーデンやアメリカなどの欧米の歯科先進国の人たちと …

どんな基準で歯医者を選びますか?

歯医者の選ぶ基準は人それぞれ どこでも目につくコンビニですが、コンビニの数よりも歯科医院のほうが数は多いのです。そう言われれば、ここにも、あそこにも歯科医院はあったと思われるでしょう。そんなに多くの歯 …

定期的な検診とフッ素塗布

歯医者は歯が痛くなってから行くもの、と考えていませんか?しかし、痛くなってから行くのでは遅いのです。虫歯になる前に定期的に検診を受けましょう。

no image

歯科医院で電動歯ブラシを積極的に勧めない理由

電動歯ブラシに対する認識 歯科医院では普通の歯ブラシを販売していることはありますが、電動歯ブラシを置いているところはあまり多くはありません。 理由としては電動歯ブラシの種類が多く次々と新しい商品が発売 …

no image

親知らずの抜歯は口腔外科で受診を

親知らずはどんな歯 親知らずとは人間の歯のいちばん奥に生えてくる歯であり、大臼歯のさらに奥に生える歯を指します。正式名称は第三大臼歯と呼ばれ、もっとも前にある中切歯から数えると8番目にあるのが特徴です …