あなたの街の歯医者さん

あなたの街の歯医者さんを紹介します。地域の方々の書き込みや口コミをもとに歯医者さんの情報を掲載。あなたの知りたい情報がつかめるサイトです。

おすすめ歯医者情報

歯医者で行う口内炎治療について

投稿日:

口内炎とは?

口内炎は口の中の粘膜にできる炎症の事です。アフタ性口内炎、カタル性口内炎、ヘルペス性口内炎、カンジダ性口内炎、ニコチン性口内炎等様々な種類があります。一番身近な口内炎はアフタ性口内炎です。白っぽい窪みの潰瘍ができ、食べ物や飲み物がしみる症状が特徴的です。通常では1~2週間で自然に治ります。繰り返しできてしまう口内炎を再発性アフタ性口内炎と呼ばれています。また、ヘルペス性口内炎は乳幼児がかかりやすく、高熱や激しい痛みを伴うこともあります。1度発症してしまうとウイルスが体内に潜伏してしまい、大人になって再発する可能性もある口内炎となっています。このように、数多くの口内炎があります。

口内炎が出来てしまう原因とは?

口内炎が出来てしまう原因は解明されていません。口内を噛んで傷がついてしまい、傷口から細菌やウイルスが侵入してしまい、口内炎が発症してしまうと考えられています。また、睡眠不足や疲労、ストレス、風邪、栄養不足、ホルモンバランスの乱れ、免疫力の低下といった要因でも口内炎が出来てしまうと考えられています。さらに、喫煙によって口内炎が出来てしまう場合もあります。ニコチンや、様々な化学物質、熱気による軽いやけどの症状が口内炎を引き起こしていると考えられています。

口内炎が出来た際にやってはいけない事は?

口内炎が出来てしまった際やってはいけないことが2つあります。1つ目は不潔にすることです。歯磨きやうがいをさぼってしまったり、患部を手で触ることはやってはいけません。最近の増殖を手助けしたり、手の細菌を口内炎に移して悪化させたり、治りを遅くしてしまう可能性があります。2つ目は血液の循環をよくする行為です。温かい飲み物を飲んだり、入浴、アルコールの摂取をしてしまうと血液の循環がよくなり、痛みが増幅される場合があります。以上の2点は口内炎が出来た際にやらないようにしましょう。

歯医者を横浜市戸塚区で探している方にご連絡します

歯医者で行う口内炎治療について

口内炎ができた場合、歯医者では3つの治療法が行われています。1つ目はレーザー治療です。口内炎の部分をレーザーで焼いて殺菌することで治療します。2つ目は抗炎症薬によるうがいです。炎症を抑えることで痛みを抑えることが出来ます。3つ目はステロイド軟膏を患部に塗布する治療法です。ただ、この治療法は軟膏が唾液で流れてしまうので効果が乏しいと言われています。

-おすすめ歯医者情報

執筆者:

関連記事

no image

歯医者が提案する欠損歯を補う4つの方法

費用面を許容できるならインプラント 欠損歯を補う方法として大多数の歯医者が第一候補として挙げるのがインプラントです。健康な歯を傷付けずに、しっかりと咀嚼ができる人口歯の装着が可能です。

歯医者さんの口コミ

歯医者さんはとにかく街中にたくさんあるお医者さんです。なのでどこに行っていいのかいつも迷います。歯医者さんもいろいろですから。以前田舎町に暮らしていたときは、近所に三件の歯医者さんがありました。田舎な …

子供の治療を任せられる鶴見区のはせがわ歯科

私は息子には健康な歯を残してやりたいと考えています。 そのためには定期検診や予防はしっかりやってあげようと考えていたのですが、最初に連れて行った歯医者で相当嫌な思いをしたらしく、息子はすっかり歯医者嫌 …

no image

歯の詰め物、被せ物が取れてしまったらどうすればいいのか?

急に詰め物や被せ物が取れてしまった時は? 食べ物を食べている時に歯の詰め物や被せ物が取れてしまうことがあります。このような時は歯医者に行って治療してもらうことが必要ですが、急に取れてしまったらどうした …

no image

歯を白くするにはどんな方法があるの?

オフィスホワイトニング オフィスホワイトニングとは、歯を白くする代表的な審美歯科治療のひとつです。治療ではまず最初に歯科医院で診察を受けたのち、歯の表面に過酸化水素をふくむホワイトニング剤を塗り、特殊 …