あなたの街の歯医者さん

あなたの街の歯医者さんを紹介します。地域の方々の書き込みや口コミをもとに歯医者さんの情報を掲載。あなたの知りたい情報がつかめるサイトです。

おすすめ歯医者情報

歯医者で行う型取りとは?

投稿日:

型取りについて

歯医者で型取りは、正確な歯の形を知るために行われます。被せ物や入れ歯を作成する際に、患者の正確な歯の形の模型を作ることで治療がスムーズに行われることが期待されます。歯の型取りは印象材と呼ばれるものを使用して行われます。主に使われる印象材は2つあります。1つ目はアルジネート印象材です。ピンク色が印象的な印象材で、アルギン酸ナトリウムと石膏で作られています。アルギン酸ナトリウムはかまぼこ等に入っている成分ですので、安心して口の中に入れることが出来ますね。2つ目はシリコン印象材です。シリコンゴムは精密な型が取れます。そのため、インプラントやセラミック治療を行う際はアルジネートより、シリコンゴムを使用して型取りを行う傾向があるようです。
また、これらの他に3Dスキャナーを使用した型取りも増えてきているので、口に物を入れないで型取りができるケースが増えていくと考えられます。

型取りが苦手な人が居る理由

型取りを苦手だと思う人は一定数いると考えられます。特にアルジネート印象材を使用した型取りを行う際に、嘔吐反射が起きてしまい、苦手意識を植え付けられていると考えられます。粘土のようなアルジネート印象材を口の中に入れた際に、口蓋と呼ばれる口の上の方や舌背と呼ばれる舌の奥の方に触れることがあります。その際に、えづいたり気分が悪くなったりしてしまいます。幼いころにアルジネート印象材を使用して嘔吐反射が起きてしまったが故に、トラウマや歯医者恐怖症に悩まされている人が居ると考えられます。嘔吐反射の原理を知り、歯医者にも相談することで克服することが出来る可能性があります。一度歯医者で相談してみるといいでしょう。

型取りが苦手な人のための治療法

型取りが苦手な人は光学3Dスキャナを使用した治療ができないか相談してみましょう。3Dスキャナは光等の反射によって、対象物をスキャニングします。アルジネート印象材のように、口に中に物を入れないため嘔吐反射が起こりません。また、ほかの印象材では歯型を取って模型にするまでに、多くに時間を要していました。しかし、3Dスキャナでスキャンすればすぐにデータとして歯型を見ることが出来ます。また、印象材は術者の技術やひずみによって誤差が出来てしまいますが、3Dスキャナではより正確に患者の歯を再現できます。嘔吐反射もおこらず、正確な情報も得られるので3Dスキャナを使用した型取りを検討してみましょう。

足立区の谷在家歯科医院 飯島慈貴は評判が良い歯医者です

-おすすめ歯医者情報

執筆者:

関連記事

歯の大きさが違うと思いきや歯医者の見解は違いました

歯の大きさが異様に違うのはどうしたものかと思い悩んでいます。他の方を見るとかねがねどの歯の大きさも均等が取れていて非常に美しく笑顔も映えます。 家族からは気にすることはない同じだと慰められましたが違い …

乳歯期から始める予防歯科

乳歯だからこそ、まだ小さいからこその予防歯科なんです。 いつか永久歯に生え変わるから、別に今は乳歯だから大丈夫とお子さんの歯について気楽に考えている方はいませんか? 歯ブラシさえしていればとりあえず虫 …

予防歯科の重要性と通いやすい環境づくり

食生活の欧米化が進む中で歯医者に定期的に行くことはとても大事なことです。虫歯や歯周病などの治療は酷くなればなるほど時間が必要になる為に早期発見の為にも定期的に歯医者に通い歯垢のケアや虫歯のチェックをし …

no image

歯科の特徴

歯科とは 歯科はその医師や助手だけでなく、衛生士や技工士などたくさんのスタッフで成り立っている所です。 治療補助や予防処置、患者指導は衛生士、歯冠修復物をはじめ必要な物の作製は技工士が行います。 付属 …

口の中に手を入れられるのが苦手な私は春田の歯医者

虫歯治療となると、数回通うことになるので、自宅から近かったり、通いやすいところであるという事が一番の判断基準になります。 私はまず、自宅付近の歯医者を全てピックアップして、その口コミを確認しています。