あなたの街の歯医者さん

あなたの街の歯医者さんを紹介します。地域の方々の書き込みや口コミをもとに歯医者さんの情報を掲載。あなたの知りたい情報がつかめるサイトです。

おすすめ歯医者情報

歯医者の提案するホワイトニングとは?

投稿日:

ホワイトニングとは?

最近、歯医者でホワイトニングを受ける人が増えています。ホワイトニングとは米国で生まれた技術であり、歯を漂白してキレイにする治療のことです。歯が汚れてしまう原因となる物質を分解することで漂白します。また、現在では単に歯の表面についているステインを落とすだけでもホワイトニングと呼ばれることが多いです。
ホワイトニングで歯を漂白する際には薬剤を使います。漂白力の強い薬剤を使うため、歯医者でしか扱えないものとされています。歯医者が責任を持って高濃度の過酸化水素を使うことで、しっかりと歯を白くします。

小川歯科クリニックは松本市随一の歯医者です

ホワイトニングのメリットとは?

歯医者でホワイトニングを受けるメリットは、歯が白くなる点です。そうなれば見た目に自信を持てるようになり、人前で堂々と歯を見せて笑顔になれるでしょう。また、ホワイトニングでは健康な歯を削ることはないため、基本的にリスクは少ない方法といえます。歯医者でホワイトニングを受けるときには、ついでに虫歯のチェックをしてもらうこともできます。さらに歯石の除去を受けることもできるため、口腔内の環境をしっかりと整えられるのも大きなメリットです。

ホワイトニングの原理とは?

ホワイトニングで歯が白くなるのは、薬剤が歯の内部にまで染み込んで色素を分解できるからです。その結果、歯の内部にある色素がどんどん減っていき、歯は透明感を取り戻すことができます。薬剤のなかには過酸化窒素や過酸化水素、過酸化尿素が含まれていて、これらの成分が色素を分解するのです。歯の表面に薬を塗って、そこに専用の光を照射することによって、色素の分解が始まります。薬や光にはさまざまな種類があり、それぞれに適したものが選択されるでしょう。

歯医者でホワイトニングできないケースとは?

ホワイトニングは、誰でも絶対にできる治療ではありません。たとえば、ホワイトニングしたい歯に虫歯がある場合はできません。また、被せものや詰め物がしてある歯にもできないケースがあります。妊娠中や授乳時は母体への影響を考えてホワイトニングは避けるべきとされています。歯の成長が完了していない18歳未満の人もホワイトニングは断られるでしょう。薬剤を使うために薬剤に対してアレルギーを持っている人はホワイトニングを受けられません。紫外線アレルギーや光線過敏症の人もホワイトニングの治療を受けることは難しいです。このようにさまざまな条件があるため、自分がホワイトニングを受けられるかどうかしっかりと歯医者で確認してもらいましょう。

-おすすめ歯医者情報

執筆者:

関連記事

目立たず嬉しい矯正治療が受けられる歯医者

歯並びが気になっていたけれど、子供の頃はとても勇気がでず、やる気にもなれなかったという方は多いのではないでしょうか。友達の歯にギラギラと目立つ銀色のワイヤーを見て、自分にはとても無理と思った方も多いは …

no image

歯医者の行う予防歯科とは?

予防歯科とは? 最近は予防歯科にこだわる歯医者が増えています。予防歯科とは、虫歯や歯周病にならないような環境を整えるためのする処置です。これまで歯医者といえば、痛みが生じたら行くものとされていました。 …

no image

歯周病を悪化させてしまう原因はどこにある?

歯周病を悪化させてしまう原因とは? 歯周病を悪化させてしまう原因は1つではなく、いくつもの原因が絡み合い悪化につながっています。数ある原因の中でも、特に大きな原因だと考えられているのは、喫煙とストレス …

早めの虫歯治療で歯を守る

早めに虫歯治療を受けておけば、歯を削らなくて済むようになってきます。

no image

歯根嚢胞とは何か?その治療法をご紹介

歯根嚢胞とはどのような病気か 歯根嚢胞とは歯茎に膿が溜まっていたり、噛む時に歯が痛いという症状が出る病気です。特に治療が終わっている歯や虫歯が悪化している場合に発生しやすい病気で、再発率が高いとされて …