あなたの街の歯医者さん

あなたの街の歯医者さんを紹介します。地域の方々の書き込みや口コミをもとに歯医者さんの情報を掲載。あなたの知りたい情報がつかめるサイトです。

おすすめ歯医者情報

歯周病の症状に気づくために必要なこと

投稿日:

歯肉炎の症状を見逃さない

歯肉炎とは歯ぐきの炎症をはじめとする症状のひとつであり、初期段階の歯周病に分類されます。歯肉は歯ぐきを指し、歯肉炎にかかると歯ぐきが赤く腫れるほか、歯磨きをしているときに歯ぐきから出血するなどの症状がでてきます。歯肉炎は日本の成人の約80%以上の人がわずらっているとされ、国民病と言われています。歯周病と聞くと特に中高年世代の方の病気、とイメージする人が多いのですが、歯ぐきの炎症である歯肉炎は若い世代、20歳前後の人から中高年世代まで幅広い患者がいるのが特徴です。
歯肉炎の代表的な症状は歯ぐきの腫れですが、このような歯ぐきの腫れは歯周病にかかっていなくてもおきるため、ついつい症状を見逃しがちです。また、ブラッシングの際に歯ぐきから出血することも日常生活の中では比較的よくあるため、こちらも症状を見過ごしてしまうことが少なくありません。しかし、歯ぐきの炎症や出血が続くようであれば歯肉炎をうたがった方がよいでしょう。

歯周炎になると・・・

歯周炎とは、中程度以上にまで進行した歯周病のことを指します。歯肉炎と歯周炎は一文字違いで言葉の雰囲気は似ていますが、症状が重いのは中期歯周病である歯周炎の方です。歯肉炎は文字どおり歯ぐきの炎症がおきる症状ですが、歯周炎は歯ぐきだけではなくあごの骨が溶け始めた状態であり、歯肉炎と違ってさらに多くの身体的症状があらわれてきます。
歯周炎の症状を自分自身で見極めるには、次に挙げる症状に該当しているかどうかを確かめることが大切です。歯ぐきが赤く腫れている、歯ぐきから出血することがある、歯ぐきを押すとぶよぶよとしている、起きたときに口の中がネバつく、歯ぐきが下がってきた、口臭がするようにになった、歯がグラグラと不安定になっている、このような症状があるときには歯周炎の疑いがあります。

ヤスヒロ歯科クリニックは錦糸町で随一の歯医者です

定期検診で歯周病を早期発見

歯周病は重症化した歯槽膿漏(重度歯周炎)になって病気にはじめて気づく、という人が少なくありません。病気に気がついたときにはすでに手遅れ、歯がグラグラで手の施しようがない、そんなケースがとても多いのです。手遅れになってしまうと歯を残すことはむずかしく、抜歯せざるを得なくなる場合もあります。また、重度歯周炎は歯周病専門医による治療が不可欠であり、成功率はあまり高くありません。
歯周病が重症化して歯を失ってしまわないようにするためには、歯科医院で定期的に検診を受けることが重要です。歯科医院の定期検診では歯周病の有無を検査するほか、むし歯の有無なども合わせてチェックします。かけがえのない歯をいつまでも大切に保つためにも、歯科医院の定期検診を積極的に利用するように心がけましょう。

-おすすめ歯医者情報

執筆者:

関連記事

歯医者さんの口コミ

歯医者さんはとにかく街中にたくさんあるお医者さんです。なのでどこに行っていいのかいつも迷います。歯医者さんもいろいろですから。以前田舎町に暮らしていたときは、近所に三件の歯医者さんがありました。田舎な …

no image

腕のいい歯科医のいる歯医者はどこかを知っている人物

歯科医院にとって欠かせない仕事上のパートナー 歯科医院では、虫歯を削った後、歯の形をした詰め物を取り付けて虫歯の治療を完成させます。 このとき、歯の形をした詰め物を作るのが、歯科技工士です。 歯科医院 …

子供でも安心して通える歯医者とは

大人であっても歯医者に通うことは、緊張することの一つで、出来れば通いたくない医療機関の一つです。しかし虫歯や歯列矯正などの治療を行う上では、自分では予防までは出来ても治療することができないため、歯医者 …

no image

舌の「できもの」は放置しても大丈夫?口内炎と舌がんについて

口内炎の種類 舌のできものができた時、歯医者を受診すべきか迷う人もいるでしょう。舌のできものは、深刻な病気の可能性も否定できない以上、放置しない方が良いです。できものができる原因は色々ありますが、まず …

no image

歯科の特徴

歯科とは 歯科はその医師や助手だけでなく、衛生士や技工士などたくさんのスタッフで成り立っている所です。 治療補助や予防処置、患者指導は衛生士、歯冠修復物をはじめ必要な物の作製は技工士が行います。 付属 …