あなたの街の歯医者さん

あなたの街の歯医者さんを紹介します。地域の方々の書き込みや口コミをもとに歯医者さんの情報を掲載。あなたの知りたい情報がつかめるサイトです。

おすすめ歯医者情報

歯根嚢胞とは何か?その治療法をご紹介

投稿日:

歯根嚢胞とはどのような病気か

歯根嚢胞とは歯茎に膿が溜まっていたり、噛む時に歯が痛いという症状が出る病気です。特に治療が終わっている歯や虫歯が悪化している場合に発生しやすい病気で、再発率が高いとされています。なぜ歯根嚢胞が起こるかというと、虫歯菌が歯根に感染したことにより発生します。歯の神経が生きていれば細菌と戦い、病気を防いでくれています。しかし、神経が治療や虫歯により死んでいた場合、細菌と戦えないので歯根嚢胞になりやすくなってしまうのです。
虫歯を治療では被せ物で患部を補修しますが、その奥で虫歯が再発することがあり、知らずのうちに歯根嚢胞になりやすい状態を作っている可能性があります。

歯根嚢胞が引き起こす悪影響

歯根嚢胞は虫歯菌が原因となり歯根に膿が溜まってしまう病気だと前述しました。歯根嚢胞は上顎と下顎の両方にできる可能性がありますが、6:4の確率で上顎の方に発生するとされています。上顎に歯根嚢胞ができると、様々な弊害を引き起こすことになるでしょう。上顎の近くには上顎洞という空洞があり、炎症が広がると副鼻腔にまで達し、急性副鼻腔炎にかかる可能性があります。また慢性副鼻腔炎、いわゆる蓄膿症になることも考えられます。
歯根嚢胞が上顎にできたら歯科医院で治療することが大切です。歯の神経が死んでいると早期発見が難しいので、定期的な通院を心掛けると歯の健康を維持につながります。虫歯の治療をしたことがある人や神経を抜いた人は特に注意が必要です。気付かないまま放置してしまうと最悪の場合、抜歯をしなければなりません。

shika-yamaguchi.com

歯根嚢胞の治療方法

歯根嚢胞は自然治癒できない病気なので、放置していると骨を溶かしてしまう危険があります。自覚症状が出ないことが多い病気であるため、気が付いた時には歯がグラついてしまい抜歯が必要になってしまいます。
歯根嚢胞があまり大きくない場合には根幹治療を行います。根幹治療は歯の神経を取り内部を洗浄し薬を詰めて、再感染を防ぐ治療方法です。しかし、歯の内部で虫歯が再発してしまうと歯根嚢胞までも再発してしまうリスクがあります。根幹治療で治らない場合には、切開して歯根嚢胞を摘出する嚢胞摘出手術が必要です。
歯根嚢胞は自然に治らない病気であるため、歯医者でしっかり治療を受けることが大事です。発症を防ぐためにも虫歯などの口内トラブルは早めに解決し、定期健診などで長期的にケアしていきましょう。

-おすすめ歯医者情報

執筆者:

関連記事

no image

インプラント専門の歯医者も増加!その理由は?

インプラント専門の歯医者が都市部を中心に増加 歯医者と言えば、虫歯治療や予防歯科という部分を重点的に考えているように思われます。実際に、虫歯治療や予防歯科をベースとしている歯医者はかなり多くなっており …

歯の大きさが違うと思いきや歯医者の見解は違いました

歯の大きさが異様に違うのはどうしたものかと思い悩んでいます。他の方を見るとかねがねどの歯の大きさも均等が取れていて非常に美しく笑顔も映えます。 家族からは気にすることはない同じだと慰められましたが違い …

no image

歯医者で行う型取りとは?

型取りについて 歯医者で型取りは、正確な歯の形を知るために行われます。被せ物や入れ歯を作成する際に、患者の正確な歯の形の模型を作ることで治療がスムーズに行われることが期待されます。歯の型取りは印象材と …

長生郡で高い評価!植草歯科医院で高品質なインプラントを!

歯でお悩みの方なら、一度はインプラント治療と言う言葉を、聞いたことがある人が多いかと思います。 インプラント治療と言うのは、欠損した歯の代わりに人工歯根を歯茎に埋め込み、そこに人工の歯を装着する治療の …

歯医者で抜かなくてもいい歯だと判明しました

親知らずが傷んできたのは数年前からになりますが痛み出したら抜かなければならないと治療はせずにいました。 本来ならば治療をすべき親知らずで内科の先生にすら指摘されてしまっていましたが大事な歯ですから抜く …