あなたの街の歯医者さん

あなたの街の歯医者さんを紹介します。地域の方々の書き込みや口コミをもとに歯医者さんの情報を掲載。あなたの知りたい情報がつかめるサイトです。

おすすめ歯医者情報

歯科治療で麻酔を受けた時の注意点は

投稿日:

麻酔が効いていない時はすぐに医師に伝える

麻酔が効き始めてから実際に治療を行いますが、ただたまに麻酔の効きが悪い患者さんがいます。
その場合には我慢せずに医師に伝えてください。
医師にはどのくらい麻酔が効いているのかということはわからないことが多いですので、患者さんが痛いならば痛いという意思表示を行います。
歯科治療を行う上で、口を開けた状態のままですので、患者さんは言葉でしゃべることができないです。
医師がどのように痛いという意思表示をすればいいのか事前に伝えてくれますので、患者さんはそれに従ってください。

麻酔をかける治療が怖いなら笑気麻酔もある

歯科治療において麻酔をかける治療を行うということは、歯の神経を取ったり、抜歯をしたりするなど相当大掛かりな治療であることが予想されます。
大掛かりな治療ですので患者さんとしてはとても怖いと感じます。
治療を受けることに対して怖いと感じる人に対しては、笑気ガスを使って意識レベルを落とすことによって、歯科治療に対する怖さを和らげたりすることが可能です。
このような笑気麻酔を使うことができないならば、入念に麻酔をかけていきますので、そこのところは安心できるのではないでしょうか。

治療後も一時は麻酔が効いているので食事はしないほうがいい

歯科治療における麻酔は治療中だけ持続しているというわけではなく、治療が終わった後も持続しています。
歯茎に注射して麻酔をするケースだと大人で1時間から3時間程度、神経にも麻酔薬を行き渡らせるケースだと大人で6時間程度ということで、麻酔のやり方により効いている時間が異なります。
口の中に麻酔をかけている状態ですので、麻酔が効いている時に食事をすることはなるべくやめた方がいいです。
麻酔が効いている時は口の中の感覚が鈍っていますので、唇を間違って噛んだとしても感覚がなく、唇から出血して初めて気づいたりします。
また、熱い食べ物を食べた時に熱いという感覚がなくなりますので、もしかするとやけどをすることにもなりかねないです。

治療前に食事はしっかりと済ませておく

麻酔をかけた治療を行う場合には、麻酔が効いている間はなるべく食事をしないほうがいいです。
そうであれば、治療に行く前にがっちりと食事をしておいたほうがいいでしょう。
なかなか食欲を我慢することは難しいですので、なるべくならば我慢しない範囲で麻酔が切れる時間を待つのが望ましいです。
麻酔が切れる時間を計算しながら事前に食事を取ってください。

東武東上線沿いで歯医者をお探しなら坂戸のたなか歯科医院

-おすすめ歯医者情報

執筆者:

関連記事

定期的な検診とフッ素塗布

歯医者は歯が痛くなってから行くもの、と考えていませんか?しかし、痛くなってから行くのでは遅いのです。虫歯になる前に定期的に検診を受けましょう。

no image

歯医者の提案するホワイトニングとは?

ホワイトニングとは? 最近、歯医者でホワイトニングを受ける人が増えています。ホワイトニングとは米国で生まれた技術であり、歯を漂白してキレイにする治療のことです。歯が汚れてしまう原因となる物質を分解する …

歯の健康と美しさを守るための予防歯科

虫歯予防から口元美人になるまでサポート 歯医者というと虫歯になったときに行くところ、学校や会社の検診で指摘を受けて仕方なく行くところと思っていませんか。 ですが、口元美人の方は3ヵ月に一度など短期間の …

歯の大きさが違うと思いきや歯医者の見解は違いました

歯の大きさが異様に違うのはどうしたものかと思い悩んでいます。他の方を見るとかねがねどの歯の大きさも均等が取れていて非常に美しく笑顔も映えます。 家族からは気にすることはない同じだと慰められましたが違い …

no image

根管治療が必要になるむし歯について

根管治療とは? 根管治療とは、歯の根っこである根管内部の神経にまでむし歯菌がおよんでしまった場合に行う歯の根っこのお掃除を指します。具体的には、C3以上の歯の神経および根管内部に進行したむし歯で行われ …