あなたの街の歯医者さん

あなたの街の歯医者さんを紹介します。地域の方々の書き込みや口コミをもとに歯医者さんの情報を掲載。あなたの知りたい情報がつかめるサイトです。

おすすめ歯医者情報

歯科治療の痛みを軽減したい方におすすめ!無痛治療とは?

投稿日:

様々な麻酔

一般的に「無痛治療」と言えば、真っ先に麻酔を用いた治療をイメージするでしょう。歯医者が用いる麻酔には様々な種類があり、それぞれ使用目的も異なります。
表面麻酔は主に注射の痛みを抑えるために使います。塗るタイプや、貼るタイプの麻酔薬があり、歯茎の表面がしびれることで注射針が刺さる際の痛みを感じにくくします。
浸透麻酔は歯医者が使う基本的な局所麻酔です。歯の根元付近に麻酔液を注射し、神経まで染み込ませます。麻酔作用は1分40秒から4分程度で発揮されます。ただし、下あごは骨の密度が高く浸透麻酔だけでは十分な作用が期待できません。
下あごの大臼歯を治療する際、あるいは骨格ががっちりした男性の治療などには歯根膜麻酔を使用するケースが多くなります。歯と歯槽骨の間にある歯根膜に麻酔薬を入れます。

麻酔に使用する機器

麻酔を用いた治療では、使用する機器でも痛みへの対策を行います。電動麻酔器は機械制御で麻酔薬を注入するため、低速で少量ずつ麻酔薬の注入ができ痛みを感じにくくなります。無針麻酔器を補助的な麻酔として使う歯医者も存在します。針を使わずに、高圧の麻酔薬を噴射させて歯茎の内側に薬を浸透させます。

レーザーによる無痛治療

現代の歯科治療ではレーザーを使用した無痛治療という選択肢もあります。レーザー治療では照射した部分だけが高温になるので、患部の切開や除去が可能です。出血も少なく痛みも弱いため、麻酔に頼らずに治療できるケースもあります。
レーザーによる無痛治療では、使用する機器によって使える症状や保険の適用が異なります。保険診療で使用できる唯一のレーザーは「エルビウムヤグレーザー」です。水蒸気爆発のエネルギーを歯科治療に活用するもので、対応できる症状は軽度の虫歯のみです。
「ネオジウムヤグレーザー」は組織の奥まで到達し、柔らかい組織の切除や、黒い部分を取り除く歯科治療に活用します。歯茎の切開、歯の根の部分の虫歯除去、歯周ポケットのクリーニングなどが可能です。
「CO2レーザー」は歯茎の切開に使用するもので、柔らかい組織の切開と止血に適しているレーザーです。歯科治療では歯茎の切開や口内炎の治療に使用します。血液を凝固させる性質があるため、切開した際の出血が少なくなるという特徴もあります。
痛みを感じずに治療できる無痛治療のニーズは年々高まっています。しかし、麻酔を使った治療もレーザー治療も、急性症状が出ているケースでは痛みを抑えらない場合があります。無痛治療を受けたい人は、痛くなってから歯医者に行くのではなく、痛くなる前に受診するようにしましょう。

三木市で評判の良い歯医者です

-おすすめ歯医者情報

執筆者:

関連記事

子供にも説明を行ってくれるはひたちなか市のわたなべ歯科クリニック

子供の歯の治療を行う前には、親に対して治療の説明がなされていきます。ただ、子供はこれからどんな治療を行っていくのか把握していないため、治療に対しての恐怖を持ちやすくなるのです。

痛くなる前に定期的に歯医者へ行きましょう

歯が痛くなってから、歯医者さんへ行くと神経を抜かれたり歯を抜かれるなど本当に痛い思いをしなくてはいけないんですよね。

忙しくてなかなか矯正できない方は夜間治療や休日治療している歯医者がおすすめ

忙しい社会人は夜間治療や休日治療を行っている歯医者がおすすめ 平日にお仕事をされている社会人の方は、虫歯が気になっていても、中々治療を受けることが出来ずに困っている方も多いことでしょう。ほとんどの歯科 …

no image

歯医者の提案するホワイトニングとは?

ホワイトニングとは? 最近、歯医者でホワイトニングを受ける人が増えています。ホワイトニングとは米国で生まれた技術であり、歯を漂白してキレイにする治療のことです。歯が汚れてしまう原因となる物質を分解する …

歯医者を選ぶ前に決め手となるポイント

歯医者選びで、どこでもいいからと安易に決めてしまったために失敗してしまったなどの話をよく耳にします。では歯医者を決めるとき何を基準にしておけばいいのでしょうか。