あなたの街の歯医者さん

あなたの街の歯医者さんを紹介します。地域の方々の書き込みや口コミをもとに歯医者さんの情報を掲載。あなたの知りたい情報がつかめるサイトです。

おすすめ歯医者情報

肌と同じで歯も老化していくって本当?その時期は?

投稿日:

歯が老化するって本当?

人間の肌や筋肉などは老化のイメージが付きやすいですが、実は歯も年齢によって老化していきます。子どもは20本、大人は28本の歯があり、親知らずが生えている人は32本の歯があります。80歳の時点で20本の歯が残っていることを目標にしている8020運動というものも盛んに行われています。
人間が進化していった過程で物をしっかりと噛まなくなったことにより顎が小さくなっていき、歯の本数も減ってきていますが、これらの28本の歯は一度失ってしまうと生えてくることはありません。歯にも老化現象があり、歯を失ってしまう可能性があることを認識しておきましょう。

歯の老化の原因

歯の老化は歯茎のコラーゲン減少によるものや歯茎の血行不良、唾液の分泌量の減少などが原因として挙げられます。他にも間違ったケアや歯磨きなどが原因になる場合もあります。
老化に伴う現象は30代頃から始まっていきます。この頃から唾液の分泌が徐々に少なくなっていき、口腔内を中和状態に維持しにくくなってきます。唾液が減ると汚れが落としにくくなり、歯の表面に汚れが付着した状態が続いていき、歯と歯の間に汚れも溜まりやすくなります。そして様々な歯の症状につながってしまうのです。
歯の老化によって起こる症状は、歯周病や虫歯、歯の摩耗や黄ばみなどが挙げられます。歯の老化によって最も引き起こされるのが歯周病で、歯と歯茎の間の溝に口腔内の菌が入り込み、歯茎に炎症を起こしてしまいます。この歯周病は免疫力の高い若年層であれば炎症程度で治まりますが、老化によって歯周病から歯を支える組織にまで浸透し、歯のぐらつきや歯茎下がりなどが目立ちます。また、歯茎の腫れや出血、口臭の原因になる場合もあります。虫歯も歯周病によって歯茎下がりが起こり、そこから虫歯になることもありますが、治療痕の隙間から菌が入り込む場合もあるので治療後のケアも老化を防ぐためには重要です。

健康な歯を維持するためには?

健康な歯を少しでも長く維持するためには、通常の歯磨きに加えてセルフケアを日常的に行いましょう。デンタルフロスや歯間ブラシを使用して、歯と歯の間の歯垢を取り除き、しっかりと汚れを落としましょう。他にも歯ブラシを行う時に歯と歯茎の境目もしっかりと磨き、汚れを落とすだけでなく歯茎の血行改善を行いましょう。
また、定期的に歯医者に通い、チェックしてもらうことも大切です。歯の異変を感じる前に歯医者で定期検診を行うようにしてください。

sawakishikaiin.com

-おすすめ歯医者情報

執筆者:

関連記事

乳歯期から始める予防歯科

乳歯だからこそ、まだ小さいからこその予防歯科なんです。 いつか永久歯に生え変わるから、別に今は乳歯だから大丈夫とお子さんの歯について気楽に考えている方はいませんか? 歯ブラシさえしていればとりあえず虫 …

歯医者で考える予防歯科

最近の歯医者でよく”予防歯科”という言葉を耳にしないだろうか。昔から歯医者と言えば、虫歯を削る嫌なところというイメージがあるが、最近は虫歯治療ももちろんだが、”予防”に力をいれる歯医者が多いように思う …

no image

放置すると歯が抜けることも!インプラント周囲炎の正しいセルフケア方法について

インプラント周囲炎の症状 インプラント周囲炎とは、インプラント手術を行ったあと、患者さんの歯ぐきに炎症が起きたり、あごの骨が細菌によって溶かされてしまう病気です。

歯科矯正を行った感想

私は、上の段の前歯の横の歯が1本他の歯より1段へこんでいました。母親は気にすることないと言いますが、一度気になるとどうしても気になってしまいます。もちろん歯も磨きにくいですし、その歯だけ黄ばんでいまし …

戸越の歯医者で本の品揃えがすごかったです

現在自宅から三百歩先にある戸越の歯医者に行きだしたのは歯が痛くて助けを求めたのが理由でした。清潔感のある女医さんで親身になってくださるのはいいのですが繁盛しているためか待ち時間が長いのです。予約をして …