あなたの街の歯医者さん

あなたの街の歯医者さんを紹介します。地域の方々の書き込みや口コミをもとに歯医者さんの情報を掲載。あなたの知りたい情報がつかめるサイトです。

おすすめ歯医者情報

自分に適している歯ブラシの選択方法

投稿日:

毛の硬さで選択する

市販の歯ブラシは毛先が「やわらかめ」「ふつう」「かため」の3種類の製品が販売されています。このうち、毛先が硬い「かため」は歯や歯ぐきを痛めやすいため、原則として使用はひかえましょう。歯ブラシを選ぶときには自分がどの程度の力でブラッシングしているのかを基準に選ぶと良いです。たとえば、ふだんのブラッシングでどうしてもゴシゴシと歯をこするように磨いてしまう人は「やわらかめ」の毛先のものを、やさしい力でブラッシングできている人は「ふつう」のものを選ぶ、というようにそれぞれの人の力加減に応じて歯ブラシを選ぶことをおすすめします。ブラッシングの基本は「軽い力でペンを持つように歯ブラシを持つ」です。あまり強すぎる力で歯ブラシを動かしてしまうと歯の表面をおおっているエナメル質や歯ぐきを痛めてしまいますので注意しましょう。

ヘッドのサイズで選択する

歯ブラシは製品ごとに先端部分のヘッドの大きさや形状が異なります。大きなヘッドのものは毛束がたくさん並んでいて一度に広い面積を清掃できますが、細かな部分には毛先が届きにくいです。それに対し、ヘッドが小さな歯ブラシは大きなヘッドのものと比べて毛束は少なく一度に磨ける面積は減りますが、コンパクトなため歯ブラシが奥歯まで届きやすく細かな部分まで磨きやすい、というメリットがあります。これらはどちらも長所と短所がありますが、どちらか1本選ぶとすればヘッドがコンパクトは歯ブラシを選択しておけばオールマイティにいろいろな場所を磨けるのでおすすめです。または、ヘッドが大きなものと小さなものを1本ずつ、合わせて2本の歯ブラシを使い分け、大きなヘッドの歯ブラシで全体を磨いたあと、ヘッドが届きにくい奥歯や歯の裏側などをコンパクトヘッドの歯ブラシで磨くのも良い方法のひとつです。

bunkyo-dental.com

目的別に選択する

歯ブラシは虫歯を予防するために歯の表面のプラークや汚れを落とす目的で作られている製品が主流となっています。現在では、虫歯予防以外にも歯のステイン汚れ(着色汚れ)を落としやすいホワイトニング用の歯ブラシや、毛束がまるで筆のように1点に集中しているワンタフトブラシ(親知らずなど歯ブラシが届きにくい箇所を清掃します)など、目的によってさまざまな歯ブラシが販売されています。もし、歯を白くしたい、親知らずをきちんと磨きたい、子どものブラッシングの仕上げ磨きをしたい(超コンパクトヘッドのものやワンタフトブラシが適しています)、という場合にはそれぞれの状況に適した目的別の歯ブラシを選ぶことをおすすめします。

 

-おすすめ歯医者情報

執筆者:

関連記事

歯医者さんでは適切な虫歯治療をしてくれます

歯医者さんで行われている虫歯治療には歯を抜く方法と抜かない方法があります。基本的には歯を残しながら治療を進めていきますが、もし状態が酷ければ歯を抜いてしまいます。抜く場合と抜かない場合では治療法が異な …

通いたくなる歯科医院

歯科医院が大好きだという人はなかなか少ないと思います。 その理由はまずは子供の頃に感じた、あの歯を削るキーンキーンと言う音から感じてしまう恐怖心からだと思います。 そこで、1人でも多くの人が通いたくな …

歯科矯正を行った感想

私は、上の段の前歯の横の歯が1本他の歯より1段へこんでいました。母親は気にすることないと言いますが、一度気になるとどうしても気になってしまいます。もちろん歯も磨きにくいですし、その歯だけ黄ばんでいまし …

世田谷の小児歯科について思うこと

昔から小児歯科さんは苦手です。最近は行ってないのですが、子供の頃に治療してもらった時、歯を削るのがものすごく痛かった記憶があるからです。とはいえ、生きて行く上で歯は必要不可欠なものですし、歯を治療して …

no image

夜間でも対応してくれる歯医者の探し方

夜間に歯医者に行きたくなったら 夜間、急に歯が痛くなることがあるかもしれません。症状によっては早急に対処する必要があるので、夜間診療を行っている歯医者をかかりつけにしていると安心です。 夜間診療を行っ …