あなたの街の歯医者さん

あなたの街の歯医者さんを紹介します。地域の方々の書き込みや口コミをもとに歯医者さんの情報を掲載。あなたの知りたい情報がつかめるサイトです。

おすすめ歯医者情報

自分に適している歯ブラシの選択方法

投稿日:

毛の硬さで選択する

市販の歯ブラシは毛先が「やわらかめ」「ふつう」「かため」の3種類の製品が販売されています。このうち、毛先が硬い「かため」は歯や歯ぐきを痛めやすいため、原則として使用はひかえましょう。歯ブラシを選ぶときには自分がどの程度の力でブラッシングしているのかを基準に選ぶと良いです。たとえば、ふだんのブラッシングでどうしてもゴシゴシと歯をこするように磨いてしまう人は「やわらかめ」の毛先のものを、やさしい力でブラッシングできている人は「ふつう」のものを選ぶ、というようにそれぞれの人の力加減に応じて歯ブラシを選ぶことをおすすめします。ブラッシングの基本は「軽い力でペンを持つように歯ブラシを持つ」です。あまり強すぎる力で歯ブラシを動かしてしまうと歯の表面をおおっているエナメル質や歯ぐきを痛めてしまいますので注意しましょう。

ヘッドのサイズで選択する

歯ブラシは製品ごとに先端部分のヘッドの大きさや形状が異なります。大きなヘッドのものは毛束がたくさん並んでいて一度に広い面積を清掃できますが、細かな部分には毛先が届きにくいです。それに対し、ヘッドが小さな歯ブラシは大きなヘッドのものと比べて毛束は少なく一度に磨ける面積は減りますが、コンパクトなため歯ブラシが奥歯まで届きやすく細かな部分まで磨きやすい、というメリットがあります。これらはどちらも長所と短所がありますが、どちらか1本選ぶとすればヘッドがコンパクトは歯ブラシを選択しておけばオールマイティにいろいろな場所を磨けるのでおすすめです。または、ヘッドが大きなものと小さなものを1本ずつ、合わせて2本の歯ブラシを使い分け、大きなヘッドの歯ブラシで全体を磨いたあと、ヘッドが届きにくい奥歯や歯の裏側などをコンパクトヘッドの歯ブラシで磨くのも良い方法のひとつです。

bunkyo-dental.com

目的別に選択する

歯ブラシは虫歯を予防するために歯の表面のプラークや汚れを落とす目的で作られている製品が主流となっています。現在では、虫歯予防以外にも歯のステイン汚れ(着色汚れ)を落としやすいホワイトニング用の歯ブラシや、毛束がまるで筆のように1点に集中しているワンタフトブラシ(親知らずなど歯ブラシが届きにくい箇所を清掃します)など、目的によってさまざまな歯ブラシが販売されています。もし、歯を白くしたい、親知らずをきちんと磨きたい、子どものブラッシングの仕上げ磨きをしたい(超コンパクトヘッドのものやワンタフトブラシが適しています)、という場合にはそれぞれの状況に適した目的別の歯ブラシを選ぶことをおすすめします。

 

-おすすめ歯医者情報

執筆者:

関連記事

no image

インプラント専門の歯医者も増加!その理由は?

インプラント専門の歯医者が都市部を中心に増加 歯医者と言えば、虫歯治療や予防歯科という部分を重点的に考えているように思われます。実際に、虫歯治療や予防歯科をベースとしている歯医者はかなり多くなっており …

no image

親知らずの抜歯は口腔外科で受診を

親知らずはどんな歯 親知らずとは人間の歯のいちばん奥に生えてくる歯であり、大臼歯のさらに奥に生える歯を指します。正式名称は第三大臼歯と呼ばれ、もっとも前にある中切歯から数えると8番目にあるのが特徴です …

田端の歯医者でフッ素加工

子供の虫歯予防の一つに、フッ素塗布(フッ化物塗布)というものがあります。最近は、多くの親が子供のためにフッ素塗布をするために歯医者に足を運んでいます。フッ化物は、歯を溶かす酸の生成を抑えて歯を溶けにく …

no image

他の疾病との連携が必要になる歯科治療

医療機関同士の連携が確立 近年の歯科治療では患者の全身的な疾病に対して、医師間でのやり取りを行うシステムが確立してきています。 これは歯の治療を行う際に起こり得る緊急事態などを未然に防ぐことが目的で、 …

no image

親知らずを抜くかどうかの選択

歯ブラシで磨ける間は抜かずとも大丈夫 親知らずがグラグラしてきて、抜くか抜かないか迷うという方は少なくありません。 もちろん歯医者さんと相談して抜くかどうかを判断してもらうことになるのですが、歯医者さ …