あなたの街の歯医者さん

あなたの街の歯医者さんを紹介します。地域の方々の書き込みや口コミをもとに歯医者さんの情報を掲載。あなたの知りたい情報がつかめるサイトです。

おすすめ歯医者情報

親知らずを抜くかどうかの選択

投稿日:

歯ブラシで磨ける間は抜かずとも大丈夫

親知らずがグラグラしてきて、抜くか抜かないか迷うという方は少なくありません。
もちろん歯医者さんと相談して抜くかどうかを判断してもらうことになるのですが、歯医者さんでも、患者に抜くかどうか微妙な状態であるということもあります。
患者さんが自分の歯の状態、症状の辛さで、親知らずを抜くかどうか選ぶ場合の基準点の1つは、歯ブラシでまっすぐ歯を磨けるかどうかです。

まっすぐに毛先を歯にあてることができず、ブラッシングがしっかりできないのであれば、かなり歯がぐらついていることはもちろん、虫歯のリスクにもなります。
また、歯茎に歯垢や菌が付着して、歯周病のリスクも大きく引き上げる要因となるので、まともに歯が磨けないなと感じた場合は、親知らずを抜くメリットが大きくなります。
逆に、少し他の歯よりも違和感があるけれど、歯磨きで支障を感じないという場合は、まだ親知らずを抜かなくても大丈夫という可能性が高くなります。
親知らずを抜くことで、逆に歯の安定性がなくなったり、噛み合わせに影響を与えたり、あごの疲労を招いたりといったリスクもあります。
また、親知らずは抜いてしまったら、元に戻すことができません。
抜くかどうかは、歯医者さんと相談して慎重に決定したいですね。

虫歯や歯茎の腫れに悪影響なら抜く選択肢も

虫歯や歯茎の腫れに、親知らずのぐらぐらした歯が悪影響を及ぼすという場合、抜歯も選択肢に入ってきます。
親知らずを残しておくことで、他の歯の健康に悪影響を及ぼすリスクが大きいのであれば、できるだけ早く処置してしまいたいですね。
食べかすなどが詰まりやすい状態で、不安定な親知らずが口臭の要因となることもあります。
そうした症状が気になりだした場合は、親知らずを抜くかどうか歯医者さんで診察を受けるのもいいですね。

抜歯後しばらく痛みや腫れが続くことも

親知らずはかなり大きな歯ですから、抜歯後はどうしても腫れが出てきてしまいます。
痛みも麻酔が切れた後、個人差がありますが結構強く感じる可能性もあるでしょう。
歯医者さんから痛み止めなども処方されるとは思いますが、しばらくは安静にし、刺激物を避けるようにしてください。
もちろん、体調によって炎症の引き方は変わるので、体調管理も重要です。
腫れが長引くようであれば、歯医者さんでもう一度診察してもらうことも検討しましょう。
たいていは1週間ほどで腫れが引いてくるのですが、人によっては腫れが長引き、口の開きなど、日常生活にまで響いてくることもあります。

瀬戸のこばやし歯科は有名な歯医者です

-おすすめ歯医者情報

執筆者:

関連記事

優しくて格好良い歯医者さんを見ると

若い患者さんは、ばっちりお化粧直しをしていらっしゃいます。そうか、多分そうだな、と思うのです。 若い先生で男性で、背が高くてこれで男前ともなると化粧の一つもしたくなるものです。では、私は?といえば、歯 …

no image

歯根嚢胞とは何か?その治療法をご紹介

歯根嚢胞とはどのような病気か 歯根嚢胞とは歯茎に膿が溜まっていたり、噛む時に歯が痛いという症状が出る病気です。特に治療が終わっている歯や虫歯が悪化している場合に発生しやすい病気で、再発率が高いとされて …

no image

自分に適している歯ブラシの選択方法

毛の硬さで選択する 市販の歯ブラシは毛先が「やわらかめ」「ふつう」「かため」の3種類の製品が販売されています。このうち、毛先が硬い「かため」は歯や歯ぐきを痛めやすいため、原則として使用はひかえましょう …

世田谷の小児歯科について思うこと

昔から小児歯科さんは苦手です。最近は行ってないのですが、子供の頃に治療してもらった時、歯を削るのがものすごく痛かった記憶があるからです。とはいえ、生きて行く上で歯は必要不可欠なものですし、歯を治療して …

歯医者で抜かなくてもいい歯だと判明しました

親知らずが傷んできたのは数年前からになりますが痛み出したら抜かなければならないと治療はせずにいました。 本来ならば治療をすべき親知らずで内科の先生にすら指摘されてしまっていましたが大事な歯ですから抜く …