あなたの街の歯医者さん

あなたの街の歯医者さんを紹介します。地域の方々の書き込みや口コミをもとに歯医者さんの情報を掲載。あなたの知りたい情報がつかめるサイトです。

おすすめ歯医者情報

田端の歯医者でフッ素加工

投稿日:

子供の虫歯予防の一つに、フッ素塗布(フッ化物塗布)というものがあります。最近は、多くの親が子供のためにフッ素塗布をするために歯医者に足を運んでいます。フッ化物は、歯を溶かす酸の生成を抑えて歯を溶けにくくしたり、唾液に含まれるミネラル沈着を促進することにより、再石灰化を促進し歯を強くし、虫歯になりにくくする効果があるといわれています。

乳歯や生えたばかりの永久歯は、弱く虫歯になりやすいため、このフッ化物塗布が、虫歯予防にかなり効果があるとされています。いずれ抜けてしまうから、乳歯は虫歯になっても大丈夫と思われがちですが、永久歯がはえかわる時、乳歯の根が吸収されていきます。

しかし、乳歯が虫歯になり神経が侵されると、乳歯の根の吸収が正常に行われず、はえかわる時期ではないのに乳歯が早く抜け落ちてしまったり、永久歯がはえてきても乳歯が残ったりする場合があります。田端の歯医者で教えてもらっているのですが、子供の歯を守るために、毎日の歯磨きにフッ素塗布を加え、乳歯の頃から虫歯予防を心がけるといいそうです。

-おすすめ歯医者情報

執筆者:

関連記事

no image

日常生活の中に原因が!歯にひびが入る原因とひびの入り方に合わせた治療法

ひびが入ってしまう原因 歯は硬いので、そう簡単にひびが入ると思っていない方もいるのではないでしょうか?しかし、日常生活の行動や習慣の中にもひびの原因になる可能性が多々あり、気が付かないひびが入ってしま …

歯医者での定期検診の大切さ

歯医者はむし歯ができたときにのみ通うところではありません。むし歯予防やむし歯の早期発見のために検診を受けるところでもあります。多くの歯医は最低でも年に二回は定期検診を受けることを患者に進めています。定 …

no image

親知らずを抜くかどうかの選択

歯ブラシで磨ける間は抜かずとも大丈夫 親知らずがグラグラしてきて、抜くか抜かないか迷うという方は少なくありません。 もちろん歯医者さんと相談して抜くかどうかを判断してもらうことになるのですが、歯医者さ …

no image

歯医者の治療で使われるマイクロスコープとは

マイクロスコープを使った歯科治療が増えている 歯科治療の内容は進化していて、昔ではありえなかった方法が実現しています。そういう方法の1つがマイクロスコープを使った治療です。マイクロスコープとは顕微鏡の …

no image

歯の詰め物、被せ物が取れてしまったらどうすればいいのか?

急に詰め物や被せ物が取れてしまった時は? 食べ物を食べている時に歯の詰め物や被せ物が取れてしまうことがあります。このような時は歯医者に行って治療してもらうことが必要ですが、急に取れてしまったらどうした …